フツーじゃ“嫌”というアキバユーザーへ──nForce4 SLI X16マザー、入荷早々人気に週末アキバPick UP!:(2/4 ページ)

» 2005年11月05日 00時00分 公開
[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

デュアルDVIで2万円以下のグラフィックスカードが登場

 高性能な3D描画能力が引き出せるマザーに隠れ、それほどハイエンドな3D性能は必要ないが、といったユーザーにもうれしいグラフィックスカードが登場した。それが、今週木曜より発売が開始されたGALAXY TECHNOLOGY「GEFORCE 6600GT AGP(Smart Flash)」だ。価格は1万9280円で、在庫は少数。

photo GALAXY TECHNOLOGY「GEFORCE 6600GT AGP(Smart Flash)」

 GEFORCE 6600GT AGPは、GeForce 6600GT搭載にてDVI×2、128MバイトGDDR3 SDRAM搭載のAGP x8対応グラフィックスカード。デュアルBIOS仕様にて、付属スイッチにより“オーバークロックモード”/“通常モード”といった感じで、物理的にBIOSの切り替えを可能とした仕組みが特徴だ。

photo 2つのBIOSは付属のスイッチで切り替えられる。たとえば“オーバークロックモード”と“通常モード”といった使い分けができる

 入荷したパソコンショップ・アークによると「入荷当日から好評で週末まで持ちきるのが微妙な状況かも」とのこと。購入していく層は、BIOSを切り替えて使うハードゲーマーよりも、SOHOなどでPCを使いこなすと思われるユーザー層が多いようだ。

「おそらくデュアルDVIが人気の秘訣ですね。デュアルディスプレイにするにしても、アナログVGA端子より、できれば両方ともDVIで接続したいことでしょうから。そのようなわけで、2万円以下で入手できるAGPのデュアルDVI搭載製品がほとんど出回っていないこともあり、訴求力が高い製品なのです」と話す。

製品GALAXY TECHNOLOGY「GEFORCE 6600GT AGP(Smart Flash)」
入荷ショップ
パソコンショップ・アーク 1万9280円

なにげに定番化? さりげなく増える5インチベイ搭載パーツ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー