ニュース
» 2005年11月22日 19時17分 公開

ATXとBTXに対応するPCケース「雷電」登場

シグマA・P・O システム販売はATX、BTX両方に対応するPCケース「雷電」(CBX01シリーズ)を12月上旬から出荷する。電源ユニットを搭載しないこのケースの実売予想価格は1万9800円前後。

[ITmedia]

 雷電(CBX01シリーズ)は、初期状態ではATX対応のPCケースであるが、同梱されるBTX変換パーツを組み込むことでBTXにも対応可能となる。シグマA・P・O システム販売は奇抜なデザインとBTXにも対応できる拡張性を生かして、パーツの増設を頻繁に行うゲームユーザーに向けた「ゲーム専用マシン」ケースとして販売する計画。

 カラーリングにシルバーを採用した「CBX01SVNP」とブラックを採用した「CBX01SBKNP」の2モデルを用意。1ミリ厚の鋼板で高い耐性を実現し、最大10台のデバイスを搭載できる5インチベイをフロントに組み込んでいる。レールアタッチメントによってデバイスの脱着も容易。

 ケースファンは背面に120ミリの大型ファンを搭載。フロントにも120ミリファンを搭載するスペースを設け、防塵フィルタを事前に用意している。背面に搭載したファンは1800rpmで最大風量が63CFM、発生する音量は24.5dBA。

 サイズは幅205×奥行き545×高さ538ミリ。重さは16.5キロ。電源ユニットは搭載しない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう