ニュース
» 2005年11月28日 12時58分 公開

NEC、オフィス向けA4カラーレーザー/高速読み取り対応スキャナを発売

日本電気は、オフィス向けのA4カラーレーザープリンタ「Color MultiWriter 7600C」、およびA3/A4対応フラットベッドスキャナ「PR-MW-SC50」「PR-MW-SC40」の計3製品を発表した。

[ITmedia]

 日本電気は11月28日、オフィス向けのA4カラーレーザー「Color MultiWriter 7600C」、およびA3対応フラットベッドスキャナ「PR-MW-SC50」、A4対応フラットベッドスキャナ「PR-MW-SC40」の計3製品を発表した。

 出荷開始時期はColor MultiWriter 7600Cが12月15日、PR-MW-SC50が12月12日、PR-MW-SC40が2006年1月5日。価格はColor MultiWriter 7600Cが19万8000円、PR-MW-SC50が29万8000円、PR-MW-SC40が19万8000円となっている。

photo Color MultiWriter 7600C

 Color MultiWriter 7600Cは、A4カラー出力に対応するカラーレーザープリンタで、カラー印刷時で25枚/分、モノクロ印刷時で35枚/分の高速印刷を可能としている。印刷解像度は、多値制御技術により9600dpi相当×600dpiの印字にまで対応。また標準で両面印刷も可能となっている。

 インタフェースとしてUSB1.1/2.0を備えるほか、100BASE-TXを搭載しネットワークプリントに対応。PCからの通信経路の暗号化もサポートしており、IPP+SSL暗号化通信により不正アクセスによる盗み見を防止する。

 本体サイズは429(幅)×580(奥行き)×457(高さ)ミリ、重量は約35キロ(カートリッジ含む)。対応OSはWindows 95/98/98SE/Me/NT4.0/2000 Professional/XP/Server2003、MacOS 7.6.1〜9.2.2/X 10.1.5、10.2、10.3。

photo PR-MW-SC40(左)、PR-MW-SC50(右)

 PR-MW-SC40およびPR-MW-SC50は、自動両面原稿送り装置を装備するフラットベッドスキャナで、最大600dpiのスキャンに対応。写真と文字とを自動判別して最適な処理を行う「N-SPIRE技術」により、鮮明なスキャンを可能としているほか、低解像度でのスキャン時にもすっきりした文字取り込みが可能となっている。

 操作パネル部にはタッチパネル式の4.7インチ液晶ディスプレイを内蔵、スキャンの詳細設定やメール送信/FTP設定などを行うことができるほか、プレビュー画像のチェックも可能となっている。

 同社製プリンタ「Color MultiWriter 7600C」「MultiWriter 1700C」との連動に対応(2005年12月現在)しており、同時に利用することでコピー機として活用することもできる。

 インタフェースは10BASE-T/100BASE-TX対応LAN×1、USB2.0×1を備える。本体サイズおよび重量は、PR-MW-SC40が448(幅)×503(奥行き)×194(高さ)ミリ/約15キロ、PR-MW-SC50が582(幅)×658(奥行き)×209(高さ)ミリ/約24キロ。対応OSはWindows 98/98SE/Me/NT4.0/2000 Professional/XP/Server2003。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう