ニュース
» 2005年12月19日 13時05分 公開

デジタルコンテンツの「ムーブ」「ダビング」に対応した「FMV-DESKPOWER」登場

富士通は12月19日、2006年春モデルとなるFMV-DESKPOWER」新製品3シリーズ13モデルを発表した。改良された新しい高画質機能「DixelフィルターII」の実装と、保存したデジタル放送の「ムーブ」「ダビング」に対応したモデルなど注目製品がそろっている。

[ITmedia]

 今回発表されたFMV-DESKPOWERのラインアップは従来からある「FMV-DESKPOWER LX」「FMV-DESKPOWER CE」「FMV-DESKPOWER H」の3シリーズ。ただし、単なる構成パーツのアップグレードにとどまらず、デジタルコンテンツ機能の強化や、高画質化機能の改善、新デザインの筐体の採用などが行われている。

 注目されるのが、「ムーブ」「ダビング」に対応したデジタルコンテンツ関連機能。「ムーブ」機能はHDDに録画されているハイビジョン画質のデータをSD画質(ビットレートは8/4/2Mbps、VBR)に変換し、DVD-RAMに保存するもの(コンテンツ保護機能CPRMに対応)。ムーブ機能の常として、DVD-RAMに保存された時点でHDDにあるハイビジョン画質のデータは消去される。

 「ムーブ」はデジタル家電でも対応している、いわばPCが後追いしている機能だが、デジタル放送の録画データを「ダビング」する機能はデジタル家電も含めて、今回登場するDESKPOWERで初めて実装される。

 これは、ARIB(電波産業会)がデジタル放送コンテンツを「外部媒体」に保存する方式として認めている「保存されている録画データのうち、1つのコンテンツだけ持つことが許されている“バッファ用”データ」を利用したもの。

 もともとこの方式は、外部媒体に保存する処理で「想定外」の事象によってエラーとなった場合に、ユーザーがアクセスできない領域に保存された“バッファ用”データを使ってリカバリーする目的で用意されているが、富士通が今回採用した方法では、このバッファ用データを外部媒体(この場合はDVD-RAM)に保存する。

 バッファ用データのオリジナルはHDDに残るため、ユーザーは「ダビング」と同じ使い方ができるようになる。「ユーザーがアクセスできないバッファ用データ」がユーザーの操作で外部媒体に保存できることについて富士通では「ARIBの規約に準拠しており問題ない」と説明している。

 「ダビング」できるデジタルコンテンツは、HDDに1つしか保存できず、かつ録画時に前もって指定しておく必要がある。ダビングできるデジタルコンテンツがHDDに存在する限り、新たにダビングできるデジタルコンテンツは録画できない。なお、いったんダビングされると、HDDに残ったオリジナルは「ダビング」できないのはもちろんのこと、「ムーブ」もできなくなる。

 富士通では「ムーブ」「ダビング」機能を、すでに販売されているデジタル放送対応モデルにも提供する予定だ。

 高画質化機能「Dixelフィルター」は、新たに「明度とコントラストの補正」「彩度の適正化」「特定色の補正」に対応した「ピュアカラーエンハンサ」機能を追加した「DixelフィルターII」が登場。また、アナログ放送では音声付1.5倍速再生「早見再生」と音声付0.8倍速再生「ゆったり再生」に対応。DLNAに正式対応したMyMediaなど、2006年春モデルは、テレビ関連機能が大幅に強化されている。

大画面モデルが追加された液晶一体型「FMV-DESKPOWER LX」

FMV-DESKPOWER LX90R/D

 スタイリッシュな液晶一体型PCのLXシリーズは6モデルが登場。LX90R/Dはデジタル放送とアナログ放送の2番組同時録画が、LX75R、LX55R/S、LX55Rはアナログ放送の2番組同時録画が可能。

 LX60RはLXシリーズ初の19インチワイド液晶ディスプレイ搭載モデル。また、全モデルでIEEE 802.11 a/b/g無線LANに対応した。

 LX55R/Sは「メディアタンク」セットモデル。PC側のHDD容量が少なくなってきたときに、録画番組をメディアタンクに自動転送する機能をサポートする。

型番LX90R/DLX75RLX60R
OSWindows XP Home Edition SP2
CPUPentium 4 630Celeron D 341
チップセットIntel 915GV
メモリ(最大)DDR2-533/512Mバイト(最大2Gバイト)
液晶ディスプレイ20インチワイド(1366×768ドット)19 インチ(1280×1024ドット)
グラフィックスチップセット内蔵
HDD300Gバイト
光学ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチ
ステレオスピーカー本体内蔵
TVキャプチャーアナログチューナー&デジタル対応チューナー搭載ハードウェアMPEG-2アナログチューナー×2搭載ハードウェアMPEG-2アナログチューナー搭載ハードウェアMPEG-2
ネットワーク100BASE-TX/10BASE-T
スロットPCカードType II×2、SDメモリーカード/メモリースティック/xD兼用
インタフェースUSB2.0×6、IEEE1394
サイズ幅622×奥行き270×高さ430ミリ幅554×奥行き270×高さ477ミリ
重量約18.0キロ約18.5キロ
発売日12月28日12月22日
実売予想価格28万円前後24万円前後21万円前後

Windows XP MCE 2005を採用したスタイリッシュPC「FMV-DESKPOWER H」

FMV-DESKPOWER H70RW/C

 AV利用を重視したデスクトップPCの「H」シリーズは、H70RW/Cの1モデルが登場。Windows XP Media Center Edition 2005を採用し、インターネットやアナログ放送で供給されるコンテンツをリモコンを使った10フィートUIで楽しめる。

 セットの液晶ディスプレイは従来より大型の20.1インチのワイドサイズにアップ。最大解像度は1680×1050ドット。スピーカーにはチタン振動板を採用したトランソニックスピーカーを採用。また、スピーカーが設置された場所のさらに外側左右に音場があるように聞こえる「FOCUSテクノロジ」を実装している。

型番H70RW/C
OSWindows XP Media Center Edition 2005
CPUPentium D 820
チップセットIntel 945G
メモリ(最大)DDR2-533/512Mバイト(2Gバイト)
液晶ディスプレイ20.1インチワイド(1680×1050ドット)
グラフィックスチップセット内蔵
HDD500Gバイト(250Gバイト×2
光学ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチ
ステレオスピーカーディスプレイ内蔵
TVキャプチャーアナログチューナー搭載ハードウェアMPEG-2
ネットワーク1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
スロットPCカードType II×2、SDメモリーカード/メモリースティック/xD兼用
主なインタフェースUSB2.0×6、IEEE1394
サイズ幅466×高さ102×奥行き410ミリ
重量約12キロ
発売日1月26日
実売予想価格30万円前後

AV機能をさらに強化した省スペースデスクトップ「FMV-DESKPOWER CE」

FMV-DESKPOWER CE CE65RW

 EMV-DESKPOWERの主力ラインアップ「CE」シリーズは6モデルが登場。大画面液晶ディスプレイモデル「CE65RW」「CE60RW」は従来モデルからさらにサイズアップした20.1インチワイド液晶ディスプレイがセットに。また、「CE75R7」「CE65RW」「CE55R」はアナログ放送の2番組同時録画同時視聴に対応。

 従来は上位モデルのみだったインスタントMyMediaを全モデルで実装。また、ホームワークで使いたいビジネスユーザーのために、Microsoft Office Professional 2003をインストールしたCE50R7Pも新たにラインアップに加わった。

型番CE75R7CE70R7CE65RW
OSWindows XP Home Edition SP2
CPUPentium 4 516Sempron 3400+
チップセットIntel 915GVRADEON XPRESS 200+M1573
メモリ(最大)DDR2-533/512Mバイト(1Gバイト)PC3200/512Mバイト(1Gバイト)
液晶ディスプレイ17インチ(1280×1024ドット)20.1インチワイド(1680×1050ドット)
グラフィックスチップセット内蔵
HDD300Gバイト
光学ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチ
ステレオスピーカーディスプレイ内蔵
TVキャプチャーアナログチューナー×2搭載ハードウェアMPEG-2アナログチューナー搭載ハードウェアMPEG-2アナログチューナー×2搭載ハードウェアMPEG-2
ネットワーク1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T100BASE-TX/10BASE-T
スロットPCカードType II×2、SDメモリーカード/メモリースティック
主なインタフェースUSB2.0×6、IEEE 1394
サイズ幅89×高さ340×奥行き366ミリ
重量約8.5キロ
発売日12月28日12月22日12月28日
実売予想価格24万円前後22万円前後23万円強

型番CE60RWCE55RWCE50R7
OSWindows XP Home Edition SP2
CPUSempron 3400+
チップセットRADEON XPRESS 200
メモリ(最大)PC3200/512Mバイト(1Gバイト)
液晶ディスプレイ20.1インチワイド(1680×1050ドット)17インチ(1280×1024ドット)
グラフィックスチップセット内蔵
HDD300Gバイト250Gバイト
光学ドライブ2層式DVD±R対応DVDスーパーマルチ
ステレオスピーカーディスプレイ内蔵
TVキャプチャーアナログチューナー搭載ハードウェアMPEG-2アナログチューナー×2搭載ハードウェアMPEG-2アナログチューナー搭載ハードウェアMPEG-2
ネットワーク100BASE-TX/10BASE-T
スロットPCカードType II×2、SDメモリーカード/メモリースティック
主なインタフェースUSB2.0×6、IEEE1394
サイズ幅89×高さ340×奥行き366ミリ
重量約8.5キロ
発売日12月22日
実売予想価格22万円前後21万円強20万円前後

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう