事前公開イベントで登場した「未発表」VAIOノート2006 International CES

» 2006年01月05日 16時31分 公開
[ITmedia]

 事前公開イベント「Sony Press Conference」では、Playstation 3(またもや本体の展示だけ)やポータブルプレーヤー各種、Blu-rayドライブ内蔵の「VAIO type R」といったおなじみの「参考展示品」に混じって、未発表のノートPCがさりげなく展示されていた。

 それぞれの詳細な情報は後日掲載される展示ブース取材記事でお知らせするとして、ここでは、画像を中心に「気になるところ」を紹介しよう。

まずは「VAIO SZ Notebook」と説明されている2スピンドル薄型ノート。型番からしてVAIO type Sの派生モデルと思われる。重さ3ポント、厚さ1インチ。13.3インチの液晶ディスプレイを搭載する
デバイスマネージャを見ると1.83GHz動作のCPU「T2400」が2個認識されている。グラフィックスチップ「GeForce Go 7400」にも注目
GeForce Go 7400のプロパティを見ると、ドライバのバージョンが8.3.0.2となっている。ForceWareの新しいバージョンが適用されていると思われる。NVIDIA Control Panelを開くと今までとはまったく異なるユーザーインタフェースが表示される
NVIDIA ControlPanelには「Mobile」の項目が確認された。これを開くと「負荷のかかっている状態」「待機状態」「バッテリー残量」それぞれの状態ごとに液晶パネルの輝度を設定できる
キーボード上面には無線LANオンオフスイッチとともに「STAMINA」「SPEED」の切り替えスイッチがある。SPEEDにすると認識されるグラフィックスコアが「GeForce Go 7400」に、STAMINAにすると「Intel GMA 950」にそれぞれ切り替わる
「VAIO FE NoteBook」と説明されているこのノートは、Windows XP Media Center Edition 2005を導入した「Centrino Duo」ノート、ということになっている。15.4インチディスプレイを搭載し、ビデオチャット用のカメラを組み込んだこの2スピンドルノートでは、CPUに1.66GHz駆動の「T2300」が2つ認識されていた
こちらはおなじみ小型軽量の2スピンドルノート「VAIO type T」であるが、液晶パネルのヒンジから見慣れない「アンテナ状」のパーツが飛び出ている。このパーツは先に紹介したVAIO SZ Notebookにもあった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 会話が禁じられた謎のメタバース空間「ぷらっとば〜す」なぜ炎上? 内閣府の孤独・孤立対策強化月間企画だが…… (2024年05月30日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  7. 気軽でカラフルなヘッドセットもいいぞ! ビデオ会議でも役立つロジクールの無線モデル「Zone 300」を試す (2024年05月29日)
  8. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  9. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー