ニュース
» 2006年01月07日 18時38分 公開

International CES 2006:100ドルPCをGoogleが世界に広めたい──Google基調講演 (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

新たに始まる有料サービス「Google Pack」

 カーナビゲーションサービスにGoogle PCと、ここまでは「Googleが描く将来の夢」だったが、ペイジ氏はこのあと、新しく始まるサービスを具体的に紹介した。

 最初に紹介されたのがアプリケーションダウンロードサービス「Google Pack」だ。「プリンタを買ってユーティリティを全部導入したら400Mバイトも消費した。でも、全部入れなくてもプリンタは動いた。メーカーが提供してくれるソフトって全部いるものなのか?」というペイジ氏は、Google Packは必要十分なソフトをセットにしてGoogleのWebサイトからダウンロードできるようにしたアプリケーションパック、と説明する。

Google PackにはGoogleがすでに提供しているツール類にAcrobat Reader、Norton AntiVirus、Firefoxなどが含まれる

Google Packに含まれる画像管理ソフト「Picasa 2」

 その次に紹介されたのが動画検索サービス「Google Video」本格サービスの開始だ。インテルの基調講演でオッテリーニ氏が「プラットホームがあってもコンテンツがなければ何もできない」と語っていたが、Google Videoもサービスが始まったのにそこに流せるコンテンツに不足する状態がしばらく続いていた。

 基調講演では全米キー局の1つ「CBS」が放送した番組をGoogle Videoからダウンロードして購入できるサービスを明らかにした。ダウンロードしたコンテンツはiPodやPSPにも保存可能。

 「Windows以外のプラットフォームではいつ使えるようになるのか」という来場者の質問に、ペイジ氏は「今はWindowsバージョンで用意されている機能の一部しか使えないが、将来的に全部の機能が使えるように開発を進めていく」と答えた。

CBS以外にもGoogle Videoにコンテンツを提供するパートナーが「SONY BMG」をはじめとして数社紹介された。CBSの「誰もが予想しない2つの企業が手を組んだ。我々はお互いに必要としていることが分かったので、先に進むことにした」というコメントは大変興味深い

「我々は人間にGoogleの機能を組み込んだ。それが彼だ!」とペイジ氏に紹介されて登場した「Googleマン」は、なんと!ロビン・ウィリアム氏。ペイジ氏が投げかける「検索ワード」に「とても記事では書けない」強烈なジョークで返すウィリアム氏に会場は大爆発

ペイジ氏「ファイアウォールについて教えてちょうだい」ウィリアム氏「それはコンド……」おっとっとっと。「ウイルスがウヨウヨしているから皆さん注意してね」(ウィリアム氏)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう