ニュース
» 2006年01月08日 16時46分 公開

International CES 2006:CESでお披露目Intel Core Duoノート──東芝・Lenovo編 (2/2)

[平澤寿康,ITmedia]
前のページへ 1|2       

LenovoはIntel Core Duo搭載のThinkPad「T60」「X60」を展示

 Lenovoのブースでは、Intel Core Duoを搭載した新製品として「ThinkPad T60」「ThinkPad X60」の2機種が展示されていた。

 ThinkPad T60は、現在発売されているThinkPad T4xシリーズの後継。展示されていたモデルでは、Intel Core Duo T2500(動作クロック2.00GHz)が搭載されていた。チップセットはIntel 945GM、無線LANコントローラはIEEE 802.11a/b/g対応のIntel PRO/Wireless 3945ABG。液晶ディスプレイのサイズは15インチで最大解像度は1400×1050ドット。グラフィックスは、チップセット内蔵のIntel GMA 950を利用している。

 CPUや液晶ディスプレイのサイズ、グラフィックスチップの種類は、現在発売されているThinkPad T4xシリーズ同様、複数の種類から選択できるので、ラインアップは今回展示されていた仕様だけでない。それ以外の仕様は、基本的にThinkPad T4xシリーズがほぼ継承されている。ただ、キーボードにWindowsキーが追加されるなどの変更も認められる。

 ThinkPad X60は、現在発売されているThinkPad X4xシリーズの後継。ボディサイズもThinkPad X4xシリーズと同じ。従来のThinkPad X40シリーズの筐体にIntel Core Duoが搭載されることになる。

 展示されていたThinkPad X60には、Intel Core Duo T2400(動作クロック1.83GHz)と思われるCPUが搭載されていたようだが、デバイスマネージャの表記が異なっており、正確な型番は確認できなかった。

 液晶ディスプレイは、最大解像度1024×768ドット対応の12.1インチ液晶で、X4xシリーズと同じ。またグラフィックスコアは、チップセット(Intel 945GM)内蔵のIntel GMA 950が使われる。

 ちなみに、ThinkPad X60のキーボードにもWindowsキーが用意されている。すでに一部のThinkPadでWindowsキーを持つキーボードが採用されているが、今後登場するThinkPadも基本的にこのキーが用意されると考えていいだろう。

LenovoのIntel Core Duo搭載ノート「ThinkPad T60」。薄型軽量のThinkPad T4xシリーズの後継モデル

パームレスト右寄りに指紋センサーがある。そして、キーボードにはWindowsキーがある

本体左側面。PCカードスロットの上はExpressCardスロットとなっている

12.1インチ液晶搭載の「ThinkPad X60」。ThinkPad X4xシリーズのサイズはほぼそのままで、Intel Core Duo搭載を実現している

ThinkPad XシリーズにもWindowsキーが用意される
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう