ニュース
» 2006年01月25日 20時07分 公開

恵安、NDAS採用の外付けネットワークHDDケース

恵安は、ネットワーク接続HDDをローカル認識可能とする「NDASテクノロジー」を採用するLAN接続外付けHDDケース「KNSR-3500」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 恵安は1月25日、ネットワーク接続HDDをローカル認識可能とする「NDASテクノロジー」を採用するLAN接続外付けHDDケース「KNSR-3500」シリーズを発売した。価格はオープン、予想実売価格は1万2000円前後(税込み)。

photo KNSR-3500  ブラックの「KNSR-3500BK」、シルバーの「KNSR-3500S」をラインアップ

 KNSR-3500BK/Sは、インタフェースとして10BASE-T/100BASE-TX対応LANおよびUSB2.0を装備する外付けHDDケース。Ximeta製NDAS(Network Direct Attached Storage)テクノロジーに対応しており、LAN接続時にもローカルHDDとしての認識が可能となっている。同時接続可能な最大PC台数は5台。

 本機を2台用いてRAID-0/1を実現するソフトウェアRAIDユーティリティが付属。本体サイズは131(幅)×239(奥行き)×41(高さ)ミリ、重量は1.09キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう