ニュース
» 2006年02月06日 16時19分 公開

日本HP、6万円台のCTO対応A4スタンダードノート「nx6110/CT」を発売

日本HPは、6万円台から用意するA4スタンダードCTO対応ノート「HP Compaq nx6110/CT Notebook PC」を7日より発売する。価格は14インチ液晶/Celeron M 370搭載の最小構成仕様で、6万9930円から。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2月6日、6万円台から用意するCTO対応A4スタンダードノートPC「HP Compaq nx6110/CT Notebook PC」を発表、7日より販売を開始する。

photo HP Compaq nx6110/CT Notebook PC

 nx6110/CTは、一般OA用途として使用する中小・中堅企業や個人ユーザー向けとなる、A4スタンダードノートPCシリーズ。14インチXGA液晶、Celeron M 370、256Mバイトメモリ、40GバイトHDD、CD-ROMドライブ、Windows XP Home Edition搭載の最小構成仕様価格は6万9930円(税込み)。ほかCPU種類、HDD/メモリ容量、光学ドライブ種類、OS種類、ディスプレイサイズ/種類、無線LAN有無などのカスタマイズ注文に対応する。

 オフィス用途に適するスペックと初期導入費の安価さのほか、厚さ約30ミリの薄型筐体、HDDを3点で固定し破損を防ぐ「3点留め」やキーボードと本体間に特殊フィルムを挿入し静電気や液体からPC本体の損傷を防ぐ構造、OSが起動しない場合もデータの修復が可能なバックアップソフトやセキュリティツール「HP ProtectToolsセキュリティマネージャ」の搭載が特徴となる。

 また同日より企業ユーザーを対象に、512Mバイトメモリ/15インチXGA液晶/CD-RW/DVDコンボドライブを搭載する限定キャンペーンモデルを同時に発売する。限定台数は1000台、価格は7万9800円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう