レビュー
» 2006年02月06日 16時43分 公開

きょうは「RADEON X1900 CrossFire Edition」の性能を調べてみた (1/2)

ATIの最強GPU「RADEON X1900 XTX」のパフォーマンスをこの記事で紹介しているが、「ATIの最強性能」ならば、このGPUとRADEON X1900 CrossFire Editionを組み合わせた構成、となる。この興味深い2枚差しパフォーマンスを今回は検証してみた。

[長浜和也,ITmedia]

 新世代GPU「RADEON X1900 XTX」単体構成のパフォーマンスは「最新のゲームならダントツの強さ、ちょっと前のゲームならちょっと厳しい」と「条件付き」だった。「入手困難なGeForce 7800 GTX “512”との比較ではいささか不公平」であるが、とりあえずNVIDIA、ATI両者の最高峰GPUを比較した場合、先のような傾向が見られた。

 「条件付き」ではあったものの、3DMark05では単体で1万台を叩き出したRADEON X1900 XTX。当然、2枚差しの「CrossFire」構成のパフォーマンスにも期待がかかる。すでに、RADEON X1800 XTとRADEON X1800 CrossFire Editionを組み合わせたパフォーマンスはこちらの記事で紹介している。

 このとき、RADEON X1800 XTの定格「コアクロック625MHz、メモリクロック700MHz」にたいして、RADEON X1800 CrossFire Editionは定格「コアクロック600MHz、メモリクロック700MHz」とコアクロックが少しだけ低く抑えられていたことは記事でも触れている。ATIは「CrossFire動作で2枚のグラフィックスカードの同期を安定して取れるようにするために」CrossFire Editionのコアクロックを抑えた、と説明している。

 RADEON X1900 CrossFire Editionの定格は「コアクロック625MHz、メモリクロック725MHz」とRADEON X1900 XTと同じになっている。この理由について、RADEON X1900シリーズの説明を紹介するために先日来日したATIのダニエル・タラノフスキー氏に聞いてみると「回路設計の見直しでクロックを落とさなくても安定して2枚のグラフィックスカードの同期が取れるようになった」と答えてくれた。

RADEON X1900 CrossFire Edition。用意されているインタフェース形状、搭載するクーラーユニット、ファン左上に見えるピンコネクタが省略されているところ、TMDSチップが実装されているところなど、RADEON X1800 CrossFire Editionの特徴を受け継いでいる

Catalyst Control CenterでRADEON X1900 CrossFire Editionのクロックを見る。定格はコアクロック625MHz、メモリクロック725MHzであるが、コアクロックはやや抑えめ、の値を示している

 ただし、RADEON X1900ファミリーのオーバークロックバージョンとも言えるRADEON X1900 XTXは定格「コアクロック650MHz、メモリクロック775MHz」であるが、RADEON X1900 CorssFireと組み合わせると、そちらのクロックに引きずられることになる。

 「RADEON X1900 XTと組み合わせるより、RADEON X1900 XTXと組み合わせたほうが1、ないし2%性能が向上する」とタラノフスキー氏はいうものの、XTとXTXの価格差を考えるならば「組み合わせるつもりなら“XT”で十分じゃないか」と考えるのが健全かもしれない。

 今回は「とにかく、可能な限り最高級のATI製GPUの性能を!」という考えからRADEON X1900 XTXとRADEON X1900 CrossFireの組み合わた性能を見ていただくが、以上のような「事情」も考慮しながら掲載されるグラフを見ていただきたい。

 今回「2枚差し」の性能を比較するために「GeForce 7800 GTX 512」のNVIDIA SLI構成と、RADEON X1800 CrossFire Edition&RADEON X1800XTのデータを並べた。評価用のシステムはAthlon 64 FX-57を基幹としたハイエンドユーザーを想定した構成となっている。

 ただし、マザーボードはRADEON X1900 XTXのレビューで使ったDFI「LANPARTY UT RDX200 CF-DR」から、同じチップセット「RADEON Xpress 200 CrossFire Edition for AMD」を載せるASUS「A8R-MVP」に変更した。適用しているドライバは前回同様、ATIから提供された「Catalyst 6.14.10.6587」である。

ベンチマークシステム環境GeForce 7800 GTX 512RADEON X1900 XTX
CPUAthlon 64 FX-57
マザーボードASUS A8N-SLIASUS A8R-MVP
メモリPC3200/512MB×2ch
HDDST3160023AS
OSWindows XP Professional +SP2

3DMark05 Score

3DMark03 Score
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう