スポーツイベントの“ながら観”に──100円ライターサイズの小型TVユニット「豆ちゅー」キャプチャーユニット(1/2 ページ)

» 2006年02月13日 18時00分 公開
[石川ひさよし,ITmedia]

 先日、ワンセグチューナーを搭載する“どこでもテレビ”なノートPC「VAIO type T」(レビュー参照)が出たが、手持ちのノートPCで、もう少しカジュアルに試してみたくなった。地上アナログ放送でもよいのである。

 というわけで今回導入したのは、カノープス製モバイルTVチューナーユニット「豆ちゅーmini」だ。豆ちゅーminiは、以前、限定数で発売された「豆ちゅータイガース」からタイガースロゴがなくなり、一般ラインアップ化されたもの。直系の兄貴分「豆ちゅーDVD」と比較しても本体サイズはさらにコンパクトで、USBメモリ、あるいは100円ライターほどのサイズであることが特徴だ。“持ち運ぶ”という意味ではさらに手軽になった。

photo カノープス「豆ちゅーmini」。実売価格は9000円前後(ITmedia +D Shoppingで最安値をチェックする)

 PCとはUSB 2.0接続にて行う。屋内アンテナに接続するための専用ケーブルと、アウドアで利用できるロッドアンテナが付属する。

photo 屋外受信用のロッドアンテナが付属する
photo S-Video、RCA映像、ステレオミニジャック音声入力端子を備えるケーブルも付属する

 ロッドアンテナは本体直付けではなく、ケーブルを使って接続するタイプとなる。これに固定用パーツも付属するが、その固定方法はなんと粘着テープ。豆ちゅーの活躍するシーンはモバイル時だとも思うのだが、そうなるとまさかノートPCの液晶裏にアンテナを貼り付けるわけなのだろうか。……うーんこれは悩む。本体がコンパクトなのでF型アンテナ端子を直接本体に備えていないのはいいとして、それならば、なにかWebカメラ製品などで採用されるような、クリップ的なものを付属してくれればよかったのにとは思う。

次ページ: 豆ちゅーminiを持って外出してみよう

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月29日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  3. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  4. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  5. MINISFORUM、Ryzen 9+Radeon RXを搭載したミニゲーミングデスクトップPC (2024年05月27日)
  6. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  7. ロジクール、新iPad Pro/iPad Air向けのトラックパッド付きキーボードケース (2024年05月28日)
  8. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  9. レノボ、Core Ultraを搭載したモバイルワークステーション「ThinkPad P1 Gen 7」など3製品 (2024年05月28日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー