ニュース
» 2006年04月14日 13時01分 公開

Sonnet、PCI Express接続対応のSATAホストアダプタなど

米Sonnet Technologiesは、Mac OS X対応のPCI Express接続Serial ATAアダプタカード「Tempo SATA E4P」など計5製品の国内販売を開始する。

[ITmedia]

 米Sonnet Technologiesはこのほど、Mac OS X対応のPCI Express接続Serial ATAアダプタカード「Tempo SATA E4P」「Tempo SATA E4i」「Tempo SATA X4P」、eSATA接続対応外付けHDDケース「Fusion500P」、Power Mac G5用増設HDDマウンタ「G5 Jive」の計5製品の国内販売を開始した。価格はTempo SATA E4P/Tempo SATA X4Pが4万1790円、Tempo SATA E4iが2万7090円、Fusion500Pが7万2240円、G5 Jiveが1万4490円(いずれも税込み)。

photo Tempo SATA E4P(左)、Tempo SATA E4i(中)、Tempo SATA X4P(右)

 Tempo SATA E4PおよびTempo SATA E4iは、双方ともPCI Express x4接続に対応するSerial ATAアダプタで、Tempo SATA E4Pは外付け用eSATAポートを4基、Tempo SATA E4iは内蔵用Serial ATAポートを4基装備する。

 Tempo SATA X4Pは、PCI-X接続対応モデルとなるるSerial ATAアダプタで、外付け用eSATAポートを4基備える。

 対応OSはいずれもWindows XP(SP2以降)、MacOS X 10.2以降。

photo Fusion500P(左)、G5 Jive(右)

 Fusion500Pは、eSATA接続対応の外付けHDDケースで、Serial ATA HDDを計5台内蔵可能。HDDの交換は本体前面パネルから可能で、LEDインジケータにより各HDDの動作状況を確認できる。本体サイズは150(幅)×280(奥行き)×220(高さ)ミリ、重量は約4.65キロ。

 G5 Jiveは、Power Mac G5用のドライブ増設マウンタで、光学ドライブ下側の内部スペースに装着可能。最大で3基のSerial ATA HDDを内蔵することができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう