ニュース
» 2006年04月20日 16時49分 公開

アイ・オー、新規格「U3プラットフォーム」対応USBメモリを発表

アイ・オー・データ機器は、新規格「U3プラットフォーム」対応モデルとなるUSBメモリ「EasyDisk U3 smart drive EDU3」シリーズの開発を発表した。製品は2006年6月出荷予定。

[ITmedia]
photo EDU3試作品の概観

 アイ・オー・データ機器は4月20日、新規格「U3プラットフォーム」対応モデルとなるUSBメモリ「EasyDisk U3 smart drive EDU3」(以下「EDU3」)シリーズの開発を発表した。ラインアップは256Mバイト/512Mバイト/1Gバイトの3モデルを用意、製品出荷は2006年6月の予定としている。

 EDU3シリーズは、U3社提唱のUSBメモリ規格「U3プラットフォーム」に対応するUSBメモリ。ダウンロードしたアプリケーションの格納やWeb/メール閲覧をUSBメモリ内で完結させることが可能となっており、使用したアプリケーションや個人データを利用したPC内に残さない仕様となっている。

 USBメモリをPCに挿入すると、タスクバーから独自ソフト「U3ランチパッド」が利用可能となり、「U3ダウンロードセンター」への自動接続により様々なツールやアプリケーション(一部有料コンテンツを含む)をダウンロード利用可能となる。

 USBメモリ内のデータは、U3スタンダードアプリケーションとなるM-Systems製暗号化ソフト「U-Safe」により保護され、データの漏洩を未然に防止する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう