ニュース
» 2006年04月27日 16時03分 公開

ラトック、SATA機器を内蔵できるeSATA接続対応外付けケース

ラトックシステムは、Serial ATA−eSATAネイティブ変換に対応するeSATA外付けドライブケース「RS-EC5ES」を発売する。価格は8500円。

[ITmedia]
photo RS-EC5ES

 ラトックシステムは4月27日、Serial ATA−eSATAネイティブ変換に対応するeSATA外付けドライブケース「RS-EC5ES」を発表、5月上旬より同社通販サイト「RATOC Direct」にて発売する。価格は8500円。

 RS-EC5ESは、Serial ATA接続対応の5インチ/3.5インチ内蔵用デバイスを収納可能な外付けケースで、任意の光学ドライブや3.5インチHDDなどをeSATA外付けドライブとして利用できる。

 縦置き/横置き設置に対応するほか、横置きスタック設置も可能となっている。対応OSはWindows 2000 Professional/XP/Server 2003。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう