ニュース
» 2006年05月19日 14時41分 公開

アップル、SOHO/ハイアマ仕様の高機能ビデオ編集ソフト「Final Cut Express HD 3.5」

アップルコンピュータは、HDV編集対応のビデオ編集ソフト「Final Cut Express HD」の最新版「Final Cut Express HD 3.5」を発表した。Intel Mac対応のUniversal版となったほか、各種機能向上がなされている。

[ITmedia]
photo Final Cut Express HD 3.5

 アップルコンピュータはこのほど、HDV編集対応のビデオ編集ソフト「Final Cut Express HD」の最新版「Final Cut Express HD 3.5」を発表、5月20日より発売する。価格は2万9800円(税込み)、旧バージョンからのアップグレード価格は9800円(税込み)。

 Final Cut Express HD 3.5は、ハイエンドアマチュア/SOHO向きの本格編集に対応するビデオ編集ソフトで、DV/HDV編集に対応。Intel Macにも対応するUniversal仕様となったのが大きな特徴だ。

 新機能として、エフェクトやトランジションをレンダリングなしでプレビューできる「Dynamic RT」を搭載。その他にも、楽器ループやサウンドエフェクトを組み合わせることでオリジナル音楽を簡単に作り出せるサウンドツール「Soundtrack 1.5」、アニメーションオブジェクト作成ツールの最新版「LiveType 2.1」などが利用可能となっている。

 対応OSはMac OS X 10.4.6以降。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう