ニュース
» 2006年05月31日 14時00分 公開

リンクス、天板開閉式の特殊筐体を採用するミドルタワーPCケースPCケース

リンクスインターナショナルは、コストパフォーマンスに優れるAntec製ミドルタワーATXケース2製品を発売する。電源搭載モデル「NSK4400」、未搭載モデル「NSK4000」を用意。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは5月31日、コストパフォーマンスに優れるAntec製ミドルタワーATXケース2製品を発表、6月10日より発売する。380ワットATX電源搭載モデルの「NSK4400/380W」、および電源未搭載モデルの「NSK4000 W/O PSU」を用意。価格は双方オープン、予想実売価格はNSK4400/380Wが1万2800円前後、NSK4000 W/O PSUが8400円前後(ともに税込み)。

photo NSK4400/NSK4000(左)、ケース内部へのアクセス図(右)

 NSK4400およびNSK4000は、ATXマザー設置に対応するミドルタワーPCケース。独自のケース開閉設計を採用しており、トップパネル(天板)を外した後に左右のサイドパネルを上部に引き上げることで内部にアクセス可能なユニークな仕様となっている。

 利用可能ドライブベイ数は5インチ×3、3.5インチ×2、3.5インチシャドー×3で、シャドーベイ部には振動防止用のゴムグロメットを装備。冷却ファンはリアに12センチ角ファン×1を備えるほか、フロント下部に8センチ角ファン設置も可能となっている。本体サイズは200(幅)×420(奥行き)×420(高さ)ミリ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう