ニュース
» 2006年06月08日 19時04分 公開

COMPUTEX TAIPEI 2006:インテルブースでこっそり展示していた“インテル製”水冷クーラー (1/2)

お姉さんに小間物が続いたPC USERでもようやく主役の登場。まずはインテルブースで見かけた興味深い展示から紹介しよう。

[長浜和也,ITmedia]

Viiv対応コンセプトPCは音声認識リモコンに注目

 インテルのブースでまず目に付くのが大量に展示されているマザーボードだ。先日正式に発表された「Intel P965」「Intel G965」をはじめとするIntel Core2 Duo対応製品をはじめとした100枚近くの「板」が集結している(その膨大なマザーの画像は別記事で紹介する予定)。

 このように、Intel Core2 Duoが注目される今年のインテルであるが、「Viiv」ロゴのバルーンをいたるところに配置したり実際にプレイできるF1ゲームPCを並べた「Game PC Zone」を設けたりと、その展示内容は多岐に渡る。

 ホームユースのコンセプトモデルとして展示されていたPCは、青色LEDで輝くタッチ式の操作パネルを小型の10.2インチ液晶ディスプレイを組み合わせている。本体ではメディアのコントロールを行うだけでコンテンツの再生はHDMIで接続した大画面液晶テレビで行う。

 ユニークなのがリモコンユニット。マイクが組み込まれていて音声認識でPCが操作できたり、内蔵されたモーションセンサーでリモコンをディスプレイに向けて動かすことで、レーザーポインタのようにディスプレイに表示されるマウスカーソルを動かせたりと、リビングPCを使いやすくする工夫が施されている。

デジタルホームPCのコンセプトモデル「The Hi-Def Companion」。内部はBTXフォームファクタらしいが、デモマシンの構成は「これはコンセプトモデルなので」という理由で明らかにしていない

発表されたばかりのチップセット「Intel G965」とIntel Core2 Duoを組み合わせたViiv PCも当然展示されている。左からECS「Kenting-E」、Foxconn「Hollywood」、ギガバイト「H971」

こちらも展示されていたIntel Core2 Duo搭載Viiv PCで左からASUS「D20」、AOpen「Kenting-A」。Kenting-AはIntel G965を搭載しているが、D20はIntel P965を採用している

IDFでも展示されていたノートPCのコンセプトモデルも登場。写真左の液晶ディスプレイがスライドするモデルは動いていなかったが、液晶ディスプレイに2段ヒンジを採用した「Flybook」は実際に動作していた

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう