レビュー
» 2006年06月15日 08時00分 公開

これぞ地デジPCの本命か──AQUOSパソコンこと「インターネットAQUOS」(1/4 ページ)

“AQUOS”ブランドを冠したPCが登場する。機能的にはMebius TXシリーズの後継といえるが、ディスプレイに37V型家庭用テレビ“AQUOS”をそのまま採用したのがなにより大きな特徴だ。今回は、この従来のテレパソとは一線を画す戦略モデル「インターネットAQUOS」の魅力を探ってみよう。

[坪山博貴,ITmedia]

 シャープ「インターネットAQUOS」は、同社が初めて“AQUOS”ブランドを冠して発売するPCだ。採用するディスプレイは、同社の家庭用液晶テレビ「AQUOS BD」シリーズのフル機能をそのままに、PC連携用のコントロール端子を追加したもの。つまり“AQUOS”そのものであることが何より大きな特徴だ。

photophoto 今回試用したインターネットAQUOS「37-D」タイプ。価格は48万円前後(+D Shoppingで最安値をチェックする)ディスプレイは同社の37V型家庭用液晶テレビ“AQUOS”そのものを採用する。PC本体はテレビ横など設置することを想定し、縦置きが基本になっている(横置きも行える)

 本シリーズはPC本体がスペック別に2モデル、ディスプレイをサイズ別に2モデルを組み合わせて計4モデルを用意する。PC本体はデジタル放送の視聴・録画にも対応する「PC-AX100M」、地上アナログ放送にのみ対応する「PC-AX50M」が、ディスプレイはダブルデジタルチューナー搭載の37V型モデル「LD-37SP1」とシングルデジタルチューナー搭載の32V型モデル「LD-32SP1」をラインアップする。今回の評価機は最上位構成となる「PC-AX100M」と「LD-37SP1」の組み合わせとなる「37-Dタイプ」と呼ぶモデルになる。また本記事では本機の性格を考え、ディスプレイはテレビと置き換えて表現する。

 まず目を引くのはそのデザインだ。テレビとともに設置することが意識された本体は、縦置きスタンドが標準で備わる縦置きスタイルを採用する。DVDドライブ部はスロットインタイプであり、前面端子はカバー内にあることもあり、やはりPCに見えない外見だ(最近のリビングルーム設置を想定するPCは総じてこのように感じてしまうが)。無線仕様のキーボードも同一のカラーリングを採用するトラックボール内蔵のものが付属する。なお、本機の旧モデルに相当するMebius TXシリーズ(関連記事参照)は家庭用AV機器ふうのデザイン(横幅も、よくあるAV機器サイズの430ミリ)を採用していたが、今回は若干おもむきが変わっている。また、スタンドを取り外してTVラックなどに横置きで設置することも可能だ。

 PC本体の主なスペックはデュアルコアCPUのIntel Core Duo T2300(1.66GHz)に1GバイトのDDR2 SDRAM(512Mバイト×2)、グラフィックス機能はIntel 945GM内蔵、HDDは500Gバイト(250Gバイト×2)となる。Intel Core Duoやメーカー製PCとしては大容量のメモリとHDDを標準で実装し、インターネット・PC利用、TV機能の活用も快適にこなせるスペックを備える。

 TV機能は、デジタル放送とアナログ放送に対応するTVチューナーカードを内蔵する。光学ドライブは次世代メディアを除く全てのDVDへの書き込みに対応し、トレー開閉なしにスマートに使用できるスロットインタイプのDVDスーパーマルチドライブを採用する。このドライブはノートPCに多く採用されるスリムタイプのもので、書き込み性能は現在最速のものと比較すると控えめだが、それでも8倍速DVD-R記録、5倍速DVD-RAM記録に対応する。実用面で大きく不便を感じることはないだろう。

photo PC本体はテレビとカラーリングを統一させたシルバー基調であり、主張しすぎないシンプルなデザインとなっている。いわゆる“AQUOSっぽい”デザインのスタンドも備わり、奥行きサイズは極めてコンパクトだ。メモリスロットは側面から簡単にアクセスできるが、標準で512Mバイト×2のDDR2 SO-DIMMを実装し、2スロットとも占有されている
photophotophoto キーボードもリビングルームでの使用を想定し、無線タイプでコンパクト、さらに手に持ちながらの操作が行いやすいトラックボールも備えている。いすに座って膝上などに乗せて操作するには、よくあるマウスやマウストラックパッドなどより操作しやすい。テレビ専用と、PC/テレビの両方の操作が可能なリモコンが2種類付属する
photophoto コンパクトなPC本体内部は理路整然とパーツが詰め込まれている。冷却ファンは2つで、HDDのすぐ背面(左写真/左方向)に大型タイプを1つ、上部のCPU側(左写真/右方向)に1つ配置する。CPUにはヒートパイプ+ヒートシンクが備わっている。ファン回転数もそれほど高くないようで、動作音も気にならない。DVDスーパーマルチドライブはパナソニック四国エレクトロニクス製のスリム/スロットインタイプのものを実装する
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.