ニュース
» 2006年06月16日 14時37分 公開

インテルと東レ、スエード風外装のノートPCを5色で展開

インテルと東レは、天板部にスエード風素材のデザイン皮革を配したカスタマイズノートPCを発表した。製品はショップブランドPC各社より6月下旬から順次販売予定。

[ITmedia]
photo

 インテルと東レは、天板部にスエード風素材のデザイン皮革を配したカスタマイズノートPCを発表した。製品はショップブランドPCメーカー各社より6月下旬から順次販売予定で、価格はオープン。予想実売価格は13万円〜20万円。製品はアロシステム、グッドウィル、クレバリー、サイコム、サクセス、ソフマップ、デジタルサイエンス、ブレスの各社経営PCショップにて発売される予定となっている。

 発表となったデザインPCは、東レ製の高感度素材「Ultrasuede」をノートPCの天板部に装備したコラボレーションモデル。インテルの提唱によるカスタマイズノートブックPC規格統一のパネル形状に加工されており、パネル張り替えによるカスタマイズに対応。接着面は特殊な粘着材を用いており、容易にパネルを張り替ることができる。

 製品は、共通仕様としてCPUにIntel Core Duoを標準搭載。サイズは14.1インチワイド液晶搭載モデル、および15.4インチワイド液晶搭載モデルの2種類をラインアップする。初回モデルはブラック/キャメル/ブラウン/ボルドー/ラベンダーの5色を取り揃えるほか、今後カラートレンドやシーズン性を踏まえ、カラーバリエーションも提供される予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.