「コレジャナイロボ」USBメモリが登場あのガッカリ感がUSBメモリに

» 2006年06月22日 11時45分 公開
[ITmedia]

 キューブとソリッドアライアンスは、「コレジャナイロボ」のUSBメモリを早ければ今年9月に発売する予定であることを明らかにした。両社および太郎商店を運営するザリガニワークス3社のコラボレーショングッズとして「音入り自爆ボタンDX・USB2.0ハブ」に次ぐ2番めの製品になるもよう。

 コレジャナイロボは、見る者に絶妙な脱力感を与えたことでネットの話題をさらった手作りの木製ロボット。同じくおバカアイテムとして名を馳せた「自爆ボタン」シリーズと並ぶ太郎商店の人気商品である。昨年のクリスマス商戦にソフトビニール製量産モデル「コレジャナイロボ<ソフビグレード>」を投入、また今年の6月20日にはフジテレビジョンとの共同企画から生まれた「コレジャナイロボ<紙グレード>」を1000体限定で販売開始するなど、精力的に製品展開を行っていることでも知られている。

 今回のUSBメモリ版コレジャナイロボは、ザリガニワークスに一部出資するキューブが制作協力を行い、販売パートナーとしてソリッドアライアンスが加わることにより誕生したもの。

 外観は既存の「コレジャナイロボキーホルダー」に似ており、5〜6センチほどの本体からキャップである下半身を外すとUSB端子が露出する仕組みだ。その情けないたたずまいを見て大事なデータを保存することに躊躇してしまう以外は、通常のUSBメモリと変わらない。メモリ容量は256Mバイトで、まずはじめにコレジャナイロボとコレジャナイロボ(敵)を発売。そのほかのモデルは順次追加していくという。なお、現段階で正式名称および価格は未定としている。

コレジャナイロボとコレジャナイロボ(敵)のUSBメモリ試作品(写真=左)。コレジャナイロボ(敵)USBメモリの背面(写真=中央)。コレジャナイロボキーホルダー(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. マウスを「自分好み」にできるアタッチメントに熱視線/完全ファンレスBTO PCも (2024年07月13日)
  3. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  4. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  5. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  6. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  7. サンワ、Type-C接続に対応した6ポート搭載外付け拡張ドック (2024年07月12日)
  8. 利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力 (2024年07月08日)
  9. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  10. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー