ニュース
» 2006年06月23日 16時16分 公開

BHA、Blu-ray対応の最新ライティングソフト「B's Recorder GOLD9」

ビー・エイチ・エーは、同社製ライティングソフト「B's Recorder」シリーズの最新版「B's Recorder GOLD9」シリーズ2製品を発表した。Blu-rayドライブに対応するほか、動画のH.264変換もサポートする。

[ITmedia]
photo B's Recorder GOLD9(左)、B's Recorder GOLD9 BASIC(右)

 ビー・エイチ・エーはこのほど、同社製ライティングソフト「B's Recorder」シリーズの最新版「B's Recorder GOLD9」を発表、7月29日より発売する。製品ラインアップはフル機能版の「B's Recorder GOLD9」と基本機能実装版「B's Recorder GOLD9 BASIC」を用意。価格はB's Recorder GOLD9は1万1500円、B's Recorder GOLD9 BASICが4830円。

 B's Recorder GOLD9/同 BASICは、CD/DVDメディアへの書き込みに対応するライティングソフトで、新たにBlu-rayドライブに対応。またUDF(Universal Disk Format)のサポートもなされ、大容量ファイルの容易な取り扱いが可能となっている。そのほかの新機能として、作業履歴をデータベース保存できる「書き込み履歴ビューアー」、使用頻度の高い機能を登録できる「マイGOLD」機能などを装備した。

 上位版となるB's Recorder GOLD9では、動画ファイルのMPEG4/H.264形式変換機能を内蔵。DVDオーサリングツール「B's DVD Professional2」、およびパケットライティングソフト「B's CLiP7」が付属するほか、TV録画ツールや音楽編集/動画編集機能などが利用可能となっている。

 対応OSはWindows 98SE/Me/2000 Professional/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.