ニュース
» 2006年08月08日 11時34分 公開

プラネックス、“電波王子”など3製品発売

プラネックスコミュニケーションズは、USB接続対応のIEEE802.11b/g無線LANアダプタの“電波王子”こと「GW-US54HP」など無線LAN機器計3製品を発表した。

[ITmedia]
photo GW-US54HP

 プラネックスコミュニケーションズはこのほど、USB接続対応のIEEE802.11b/g無線LANアダプタの“電波王子”こと「GW-US54HP」、および無線LANルータ「BLW-HPMM-U」「BLW-HPMM-G」の3製品を発表、9月上旬〜下旬にかけて発売する。価格はいずれもオープン。

 GW-US54HPは、USB2.0接続に対応するIEEE802.11b/g対応の無線LANアダプタで、同社従来製品比で受信到達距離300%を実現したハイパワーモデル。アンテナ一体型の本体部は、スタンドにより受信角度を自在に調整可能で、電波を正面から受けることにより感度を向上させられる。

 携帯ゲーム機「PSP」「ニンテンドーDS」との連携機能を装備。PSPは「XLink Kai」機能を用いたネットワーク対戦を、ニンテンドーDSはPCを用いたソフトウェアAP機能を利用した対戦プレイを行なうことができる。USBバスパワー動作に対応、対応OSはWindows 2000 Professional/XP。

photo BLW-HPMM-U(左)、BLW-HPMM-G(右)

 BLW-HPMM-UおよびBLW-HPMM-Gは、ともにIEEE802.11b/g対応の無線LANルータ。基本仕様は2製品共通で、高速データ転送が可能なMIMO XR技術に対応するほか、高出力アンプ/高利得アンテナの装備により長距離への電波到達を可能としている。また有線LANルータ機能も搭載、計4ポートの10/100BASE-TXポートが利用できる。

 ともにインタフェースとしてUSB2.0ポート×1を装備し、USB接続HDDをつなぐことでLAN共有を可能とするネットワークドライブ機能を標準で利用できる。また、BLW-HPMM-Gはゲーム向け製品に位置づけられており、ネットワーク帯域をオンラインゲーム用に安定確保そる「XGCS」機能を搭載。ゲームプレイ中にファイル転送などを行なっても、安定したゲームプレイを行なうことができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう