ニュース
» 2006年03月29日 14時29分 公開

プラネックス、無線LANチェッカー「電波男」を発売

プラネックスコミュニケーションズは、IEEE802.11b/g無線LANアダプタとしても利用可能なUSBスティック型筐体を採用する無線LANチェッカー「電波男」を発売する。価格は8480円。

[ITmedia]
photo  電波男(GW-US54GD)

 プラネックスコミュニケーションズは3月29日、IEEE802.11b/g無線LANアダプタとしても利用可能なUSBスティック型筐体を採用する無線LANチェッカー「電波男(GW-US54GD)」を発表した。同社直販サイト「PLANEX Direct」価格は8480円(税込み)。

 GW-US54GDは、内蔵充電池により単体のみで周囲の無線LAN機器を探知できる無線LANチェッカーで、内蔵の液晶パネルにより検出した無線LAN機器の通信モードや規格、SSID、無線チャンネル、暗号化方式などを確認できる。

 インタフェースとしてUSB2.0を装備、PCに接続することでIEEE802.11b/g無線LANアダプタとしても利用可能。USBバスパワー動作に対応するほか、USBポート経由で内蔵充電池の充電も可能となっている。

 本体サイズは約28.5(幅)×91(奥行き)×14(高さ)ミリ、重量は約30グラム。対応OSはWindows 98SE/Me/2000 Professional/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.