ニュース
» 2006年08月28日 16時04分 公開

ソーテック、Core 2 Duo搭載の直販専売ノート2シリーズを発表

ソーテックは、CPUとしてCore 2 Duoを搭載可能なBTO対応ノートPC「WinBook DN8010」「WinBook DN7010」の2製品を発表した。

[ITmedia]
photo WinBook DN8010

 ソーテックは8月28日、CPUとしてCore 2 Duoを搭載可能なBTO対応ノートPC「WinBook DN8010」「WinBook DN7010」の2製品を発表、8月29日より受注を開始する。ともにソーテックダイレクト専売モデルとなる製品で、最小構成価格はWinBook DN8010が11万9800円、WinBook DN7010が10万9800円(双方税込み)。

 WinBook DN8010およびWinBook DN7010は、BTOカスタマイズによりCPUとしてCore 2 Duo T5500(1.66GHz)/同 T7200(2GHz)/同 T7400(2.16GHz)を搭載可能な2スピンドルノートPC。ディスプレイはWinBook DN8010が1440×900ドット(WXGA+)表示対応17インチワイド液晶、WinBook DN7010が1280×800ドット表示対応15.4インチワイド液晶を装備する。

photo WinBook DN7010

 メモリはDDR2 512Mバイト〜2Gバイト、HDDは40Gバイト〜120Gバイトから選択可能。光学ドライブは2層対応DVDスーパーマルチドライブを標準装備、ギガビット対応LAN/IEEE802.11a/b/g対応無線LANを利用可能となっている。

 本体サイズおよび重量は、WinBook DN8010が394(幅)×287(奥行き)×39(高さ)ミリ/約3.7キロ、WinBook DN7010が359(幅)×255(奥行き)×34(高さ)ミリ/約2.7キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう