ニュース
» 2006年09月08日 14時59分 公開

ラトック、Mac OSにも対応するeSATAカード2製品を発売

ラトックシステムは、PCI接続対応eSATAカード「REX-PCI15PM」、およびCardBus接続対応モデル「REX-CB15PM」の2製品を発売する。ともにWindows/Mac OSに両対応、ポートマルチプライヤもサポートする。

[ITmedia]
photo REX-PCI15PM

 ラトックシステムは9月8日、PCI接続対応eSATAカード「REX-PCI15PM」、およびCardBus接続対応モデル「REX-CB15PM」の2製品を発表、9月下旬より発売する。価格はREX-PCI15PMが1万500円、REX-CB15PMが1万3500円。

photo REX-CB15PM

 REX-PCI15PMおよびREX-CB15PMは、複数デバイスを1ポートでまとめて利用可能なポートマルチプライヤに対応するSATAインタフェースカードで、REX-PCI15PMはSerial ATA×3とeSATA×1を装備。REX-CB15PMはeSATA×2を利用できる。

 対応OSは、REX-PCI15PMがWindows 2000 Professional/XP/Server 2003、MacOS 9/X 10.2.1以降。REX-CB15PMがWindows 2000 Professional/XP、MacOS X 10.4.x以降となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう