ニュース
» 2005年11月22日 14時25分 公開

ラトック、リムーバルケースやeSATAなど、SATA対応製品ラインアップ拡充 (1/2)

ラトックシステムは、Serial ATAリムーバルケースやeSATA製品など、2005年冬期以降に投入する新製品発表会を開催した。

[岩城俊介,ITmedia]

 ラトックシステムは11月22日、都内同社ショールームにて2005年冬期の新製品発表会を開催、Serial ATA対応リムーバルケースやeSATA系ケースのラインアップ拡充を図り、製品を投入していく。

 今回展示されていた製品ジャンルは、最大3Gbpsでの転送を可能とする外付けSerial ATA規格「eSATA」製品、Serial ATA HDDを内蔵可能な外付けケースとRAID対応のデュアルHDDケース、Serial ATA HDD対応リムーバルケース、RAID対応デュアルリムーバルケース、eSATAマルチプライヤ内蔵の5基HDD搭載可能なリムーバルケース、RAID対応で4基Serial ATA HDDの搭載が可能なNASキットの6種類。

eSATA対応ExpressCardを投入

 eSATA系製品は、PCI Express x1タイプの「REX-PE30S」、PCカードタイプの「REX-CB15S」、そしてExpressCard/34タイプの「REX-EX30S」を投入する。

 REX-PE30Sは、外部eSATAポートを1基、内部にSerial ATAポートを1基搭載するPCI Express/最大3Gbps転送対応の内蔵カード。デバイスのホットプラグに対応するオリジナルツールが添付する。価格は5300円。

photo PCI Express x1対応のeSATAインタフェースカード「REX-PE30S」

 REX-CB15Sは、ノートPCにて使用可能なCardBusタイプの1.5Gbps転送対応のモデルで、eSATAポートを2基搭載する。価格は5300円。

photo ExpressCard/34タイプの「REX-EX30S」(左)、CardBusタイプの「REX-CB15S」(右)

 REX-EX30Sは、2006年2月中旬から3月初旬発売予定となるExpressCard/34タイプのモデル。3Gbps転送対応でeSATAポートを1基搭載する。価格は現在まだ未定ながら、7000円前後での投入が予定されている。

photo REX-EX30Sの内部基板

冷却性能を向上させたSATA HDD対応リムーバルケース

 Serial ATA HDD対応のリムーバルケース系製品は、同社リムーバルケースの最上位モデルと位置づける「SA-RC1A-LG」(アルミ・ライトグレーカラー)と「SA-RC1A-BK」(アルミ・ブラックカラー)の2モデルが投入される。

photo Serial ATA HDD搭載が可能なリムーバルケース「SA-RC1A」シリーズ
photo リムーバルケース内部のインタフェースもそのままSerial ATA+電源ポートが備わっている

 SA-RC1Aシリーズはアルミ素材のボディを採用し、HDDのコントローラチップに貼り付けることで、熱をそのボディに伝導させるという、沖電気製「まず貼る一番」という高品位熱伝導シートが標準で添付し、冷却効率を上げるためファンを2基搭載(従来モデルは1基)する。

photo 沖電気製の熱伝導シートが付属する

 なお、従来モデルとの互換性も確保され、同機のアルミフレームと従来モデルのABSトレー、従来モデルのABSフレームと同機のアルミトレーと組み合わせることも可能となっている。なおアルミボディを採用するIDEモデル「IDE-MDK1ALG」(アルミ・ライトグレーカラー)、IDE-MDK1ABK」(アルミ・ブラックカラー)も同時発売される。

photo アルミケースを採用するIDE接続タイプの「IDE-MDK1」シリーズ

 価格はSA-RC1Aシリーズが7400円、IDE-MDK1シリーズが6300円。

SATA HDD搭載が可能な外付けケース

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう