ニュース
» 2006年10月18日 14時39分 公開

WPC TOKYO 2006:HD DVD-R対応Qosmio G30は2007年初頭に投入――東芝が試作機を参考出展

WPC TOKYO 2006の東芝ブースでは、HD DVDドライブ搭載のQosmioを大々的に展示。今年の年末から来年に発売予定の製品が参考出展されている。

[前橋豪,ITmedia]

 WPC TOKYO 2006の東芝ブースは、HD DVD関連の展示が目玉だ。HD DVDドライブや、HD DVDドライブのピックアップヘッド部分、HD DVD-Rドライブを搭載したAVノート「Qosmio G30」の試作機が参考出展されている。

 内蔵型HD DVDドライブの参考展示は6製品ある。5インチベイ内蔵型のHD DVD-ROMドライブ「SD-H802A」は、すでに米Hewlett-Packardが搭載デスクトップPCと外付け型ドライブを海外で製品化している。12.7mm厚のHD DVD-ROMドライブ「TS-L802A」は、現行のQosmio G30に搭載されているものと同様だ。5インチベイ内蔵型のHD DVD-Rドライブ「SD-H903A」と12.7mm厚のHD DVD-Rドライブ「SD-L902A」は、年末のサンプル出荷および量産出荷を見込んでいる。12.7mm厚のスロットローディング式HD DVD-Rドライブ「SD-T913A」と、9.5mm厚のモバイルノートPC向けHD DVD-Rドライブ「SD-U913A」は、2007年内の出荷を計画しているという。

参考出展されていた内蔵型HD DVDドライブは6製品。左端の2台がHD DVD-ROMドライブ、残りの4台がHD DVD-Rドライブだ
モバイルノートPCなどへの採用が期待される9.5mm厚のHD DVD-Rドライブも参考出展されていた。製品化は2007年内の予定
USB 2.0接続のHD DVD-ROMドライブは、厚さが25ミリ、重量が約450グラム。HD DVD-ROMの読み込み速度は1倍速だ

 HD DVD-Rドライブ搭載のQosmio G30は、2007年初頭にフラッグシップモデルとして製品化される予定とのことだ。会場ではQosmio G30を2台並べて、DVDとHD DVDの映像再生を横並びで見比べられるデモが実施されている。

 なお、書き換え型のHD DVD-RWに関しては、規格の策定が年内に行われる予定で、2007年の年明けから春に対応ドライブの製品化を目指すとしている。

HD DVD-Rドライブ搭載のQosmio G30。HD DVD-Rドライブは本体手前に配置されている
Qosmio G30を2台並べて、DVDとHD DVDの映像をそれぞれ再生するデモが実施中だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう