ニュース
» 2006年10月25日 17時14分 公開

エレコム、日本初のカラーコードリーダー搭載マウス

エレコムは、色つき図形情報からコンテンツ情報を読み取れる「カラーコード」のリーダー機能を備えるUSB接続マウス「M-CZ1UR」を開発した。

[ITmedia]
photo M-CZ1UR 写真はモックアップによるイメージ

 エレコムは10月25日、色つき図形情報からコンテンツ情報を読み取れる「カラーコード」のリーダー機能を備えるUSB接続マウス「M-CZ1UR」の開発を発表した。発売予定次期は12月で、価格は未定。カラージップジャパンより販売が行なわれる。

 M-CZ1URは、USB接続対応の光学マウスで、底面に通常の光学センサーのほか“カラーコード”読み取り用のセンサーを搭載。側面のスキャンボタンにより、カラーコードのスキャンが可能となる。

 カラーコードは、携帯電話で利用される2次元コード“QRコード”からさらに汎用性を高めたもので、1辺5×5マスの計25セルにそれぞれ4色のパターンを割り当てることで総計171億のパターンを作成してコード化。コードにはサーバへのアクセス情報が登録されており、カラーコードをスキャンするだけでさまざまなコンテンツへダイレクトにアクセスすることが可能となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.