ニュース
» 2006年11月07日 10時00分 公開

東芝、Web限定ノート「Satellite AW6」にグラフィック強化モデルを追加

東芝は、WebオリジナルモデルとなるノートPC「dynabook Satellite AW6」のグラフィック強化モデルを発表した。従来モデルからCPUを強化、アクセラレータとしてGeForce Go 7600/256Mバイトを利用できる。

[ITmedia]
photo dynabook Satellite AW6

 東芝は11月7日、WebオリジナルモデルとなるノートPC「dynabook Satellite AW6」のグラフィック強化モデルを発表、同社直販サイト「東芝ダイレクトPC by Shop1048」にて発売を開始した。価格は標準メモリ(1Gバイト)モデルの「PSAW62ADWES4LG」が21万4800円、2Gバイト搭載モデルの「PSAW62ADWES4LG-2A」が24万4800円(双方税込み)。

 dynabook Satellite AW6はCore 2 Duo搭載に対応する15.4インチワイド液晶搭載の2スピンドルノートPC。グラフィックス強化モデルとして追加発表された今回の2モデルは、搭載CPUをCore 2 Duo T7200にスペックアップ。グラフィックスコアはGeForce 7600/256Mバイトを標準装備しており、3Dオンラインゲームなどにも適した仕様となっている。

 基本仕様については従来モデルと同様で、搭載HDDはSerial ATA 120Gバイト、光学ドライブは2層対応DVDスーパーマルチドライブを内蔵。IEEE802.11a/b/g無線LANを装備するほか、harman/kardon製ステレオスピーカを備えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう