ニュース
» 2006年11月07日 12時00分 公開

デル、Sempron/Turionを搭載可能なA4ベーシックノート「Inspiron 1501」

デルは、同社製ノートPCで初となるAMD製CPUを採用したベーシックノートPC「Inspiron 1501」を発売する。

[ITmedia]
photo Inspiron 1501

 デルは11月7日、同社製ノートPCで初となるAMD製CPUを採用したベーシックノートPC「Inspiron 1501」を発表、本日より発売を開始する。BTOカスタマイズに対応、Sempron 3500+搭載ベーシック構成価格は9万5025円(税込み)。

 Inspiron 1501は、エントリークラスのノートPC「Inspiron 1300」の後継モデルとなる製品で、マザーボードにATI Radeon Xpress 1150チップセット搭載製品を採用。Turion 64 X2 TL-56/同 50、Turion 64 MK-36、およびモバイル Sempron 3500+を搭載可能となっている。

 ディスプレイは1280×800ドット表示対応の15.4インチワイド液晶を搭載(14.1インチワイド液晶も2007年1月に追加予定)。メモリはDDR2 512Mバイト〜2Gバイト、HDDはSerial ATA 40Gバイト〜120Gバイト(120Gバイトのみ11月末より提供予定)。光学ドライブは2層対応DVD±RWドライブまたはDVDコンボドライブを装備できる。

 通信機能は標準で10/100BASE-TX有線LANをサポートするほか、オプションによりIEEE802.11b/g、IEEE802.11a/b/g無線LANカードも選択可能となっている。本体サイズは356(幅)×265.5(奥行き)×36(高さ)ミリ、重量は約2.9キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう