ニュース
» 2006年11月17日 15時28分 公開

MS、無料フィルタリングサービス「Live OneCare Family Safety」β版を提供開始

マイクロソフトは、家庭向けのコンテンツフィルタリングサービス「Windows Live OneCare Family Safety」β版の無償公開を開始した。

[ITmedia]
photo

 マイクロソフトは11月17日、フィルタリングサービス「Windows Live OneCare Family Safety」のβ版公開を開始した。

 Windows Live OneCare Family Safetyは、子供のいる家庭向けとなるコンテンツフィルタリングサービスで、PCの利用者毎にフィルタリング条件を設定可能。5段階の年齢制限レベル設定とフィルタリングを行なうことができるほか、Webサイトへのアクセス履歴やダウンロード履歴を確認できる。また、正式版では“Windows Live”シリーズのメール/メッセンジャーおよびWindows Liveスペースでコミュニケーションしている相手の選択と設定、管理を行なうこともできる。

 正式版については来年上旬よりの提供予定で、引き続き無料にて公開するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう