ごろ寝マウスの逆襲――シグマA・P・O

» 2006年11月22日 16時04分 公開
[ITmedia]
photo

 シグマA・P・Oシステム販売は11月22日、トラックボール内蔵のコンパクト手持ちマウス「ごろ寝マウス」の改良版「ごろ寝 リターンズ(SGM2)」シリーズを発表、11月末より発売する。カラーバリエーションはブラック/ガンメタリック/シルバー/ホワイトの4色を用意。価格はオープン、予想実売価格は3480円前後(税込み)。

 SGM2シリーズは、片手で握って操作が可能なグリップホールド型の小型トラックボール。前モデルからセンサーを光学式に変更し正確なトラッキングとメンテナンス性向上を実現したほか、ホイールも装備した。

 ボタンは2ボタンで、握ったときに人差し指部にあたる“トリガー部分”に左右ボタンを装備。前モデルよりもさらに、片手のみでの操作が行ないやすくなっている。

 接続インタフェースはUSB。解像度は400/800dpiの切換式となっている。本体サイズは58(幅)×84(奥行き)×64(高さ)ミリ、重量は約97グラム(ケーブル含む)。対応OSはWindows Me/2000 Professional/XP、MacOS X 10.2以降。

photophotophoto 底面は3箇所の突起があり、机上でのホールド操作も可能。また突起部分を「ツボ押し」として用いることで、体のコリをほぐすこともできる、としている。

photophoto ゴロ寝リターンズ公式サイトで入手可能な壁紙。いろんな意味でブッチギリです

 また、シグマA・P・Oは、本製品用の公式サイト「ゴロ寝リターンズ公式サイト」を開設した。製品内容をストーリー仕立てで紹介しているのだが、通常の製品情報ページをはるかに上回る情報量(と労力)が投入された無駄に力が入っているディープな仕上がりとなっている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. ついに8K対応した「Insta360 X4」の画質をX3と1インチ360度版で比較 今買うべき全天球カメラだと確信した (2024年04月16日)
  2. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  3. 「JBL GO 4」でBluetoothスピーカーデビュー! 累計出荷台数5700万台を突破した人気製品の最新モデルを試す (2024年04月17日)
  4. AI対応でCore Ultraよりも高いパフォーマンスをアピール! 企業PC向け「Ryzen PRO 8000シリーズ」登場 (2024年04月16日)
  5. SwitchBotのミニプラグに不具合 「断続的にオン/オフを繰り返す、異音」などで該当製品の交換を呼びかけ (2024年04月17日)
  6. Synology「BeeStation」はNASより便利な一面も 家族の“秘密”も守れるストレージ、共有リンクや写真管理もある (2024年04月16日)
  7. 「ASUS ZenScreen MB16QHG」は従来モデルの弱点を解消した高評価の16型モバイルディスプレイだ (2024年04月16日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  10. NVIDIA、Ampereアーキテクチャを採用したシングルスロット設計のデスクトップ向けGPU「NVIDIA RTX A400/A1000」を発表 (2024年04月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー