PC USER Pro
ニュース
» 2006年12月05日 15時06分 公開

ペンでも指でも使えます――「ThinkPad X60 Tablet」発表

レノボ・ジャパンがタブレットPCの新モデル「ThinkPad X60 Tablet」を発表した。同社がマルチ・タッチ/マルチ・ビューと語る業界初の新型液晶パネルが見どころだ。

[後藤治,ITmedia]
ThinkPad X60 Tablet

 12月5日、レノボ・ジャパンはタブレットPCの新モデル「ThinkPad X60 Tablet」(以下、X60 Tablet)を発表した。価格は26万1450円で、中規模・大規模企業向けに12月下旬より出荷。また、仕様の異なる個人向けモデルも12月下旬に発表される予定だ。

 X60 Tabletは、「ThinkPad X41 Tablet」の後継に位置付けられるモデルで、マルチ・タッチ/マルチ・ビューTFT液晶(Super Wide Viewing Angels FFS)と呼ばれる新型パネルを採用したのが最大の特徴。このパネルは電磁誘導式と感圧式の両方に対応しており、デジタイザによるペン入力に加えて、指による操作も可能になっている(マルチ・タッチ)。

 また、外光反射を防ぐ技術として円偏光を採用し、反射率1.6%を実現したほか、500ルクスの環境下(明るいオフィス)でもコントラスト140:1を達成するなど、屋内外での視認性が大幅に向上したのも見どころだ(マルチ・ビュー)。

 X41 Tabletからの主な強化点は、CPUにCore Duo L2500(1.83GHz)を採用(X40 TabletはLV Pentium M 778)、チップセットをIntel 915GMから945GMに変更したほか、HDDは1.8インチドライブ(4200rpm)から2.5インチドライブ(5400rpm)と高速化している。また、USB 2.0を3基に増やし、IEEE1394端子も新設された。主な仕様の比較は以下の通り(26万1450円構成時での比較)。

主な仕様強化点
左から本体前面/背面/左側面/右側面
専用のポートリプリケーターや大容量バッテリも用意される。バッテリ駆動時間は4セルの標準タイプ(14.4V 2000mAh)で約3.3時間、8セルの大容量タイプ(14.4V 4550mAh)で約7.5時間となっている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう