PC USER Pro
ニュース
» 2006年12月20日 11時49分 公開

アイ・オー、「LANDISK Tera」に暗号化機能対応の法人向け上位モデルを追加

アイ・オー・データ機器は、RAID-5対応の大容量NAS「LANDISK Tera」シリーズに法人向け上位モデルを追加した。暗号化ボリューム機能や無停電電源装置をサポートする。

[ITmedia]
photo HDL-GTRシリーズ

 アイ・オー・データ機器は12月20日、RAID-5対応の大容量NAS「LANDISK Tera」シリーズに法人向けモデル「HDL-GTR」シリーズを追加、2007年1月末より出荷する。1Tバイトモデルの「HDL-GTR1.0」、2Tバイトモデルの「HDL-GTR2.0」をラインアップ、価格は双方オープン。

 HDL-GTRシリーズは、カートリッジ型HDD「Relational HD」によって容易にHDD交換が可能なNAS「HDL-GT」シリーズの上位モデルとなる製品で、基本機能をそのままに法人向けの各種機能を追加した。

 強化点としては、RAID構成自体を暗号化ボリュームとして扱えるAES256ビット暗号化ファイルシステムを採用したほか、Windowsネットワークへのアクティブ参加機能やSambaアクセスログ機能を装備した。またUPS(無停電電源装置)にも対応、インターコム製の管理ツール「SmartHDD Server」も利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう