ニュース
» 2006年12月20日 16時12分 公開

ロジテック、1メートル落下に耐えるステンレス筐体採用のモバイルHDD発売

ロジテックは、ポータブルHDDとしては初となるステンレス筐体採用の外付けHDD「Precious」シリーズを発売する。暗号化ドライブ機能などの便利機能を装備した。

[ITmedia]
photo Preciousシリーズ

 ロジテックは12月20日、ステンレス筐体を採用する外付けHDD「Precious」シリーズを発表、2007年1月中旬より発売する。価格は80Gバイトモデルの「LHD-PHA80U2」は1万5700円、120Gバイトモデルの「LHD-PHA120U2」が2万4200円、160Gバイトモデルの「LHD-PHA160U2」が3万1700円。

 Preciousシリーズは、USB2.0外付けタイプのポータブルHDDで、耐衝撃ステンレスボディを採用し100センチ落下テストをクリアしている堅牢性が特徴だ。

 また通常の保存領域のほかに、特別な操作のみで認識が可能となる「シークレットドライブ」機能を装備。本体側面のセキュリティボタンを押しながらPCと接続し、さらにパスワードを入力することではじめて秘密領域にアクセス可能となるため、プライベート情報や機密情報の保護が可能となっている。USB接続の取り外しを容易にする「簡単アンプラグ機能」も備えており、本体側のイジェクトボタンを操作することで、通常はPC側から行なう取り外し/再認識の作業を実行できる。

 USBバスパワー動作に対応、本体サイズは84(幅)×138(奥行き)×22.5(高さ)ミリ、重量は230グラム。対応OSはWindows 98SE/Me/2000 Professional/XP、Mac OS 9/X 10.1以降(シークレットドライブ機能はWindows 2000/XPのみ対応)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう