ついに真実が明かされる――Macworld Expo 2007開幕前夜(1/2 ページ)

» 2007年01月09日 18時55分 公開
[後藤治,ITmedia]

 1月9日午前9時(現地時間)、サンフランシスコにて開催される「Macworld Expo 2007」がスティーブ・ジョブズ氏の基調講演とともに幕を開ける。“The first 30 years were just the beginning”という挑発的なメッセージで(そしてもちろん、それ以前からも)さまざまな憶測を呼んでいる同社の新製品群がついにそのベールを脱ぐのだ。そう、いまから7時間後のMoscone Center West最上階で。

 今年のMacworld Conference & Expo/SFに期待が集まるのは当然かもしれない。イベントを取り仕切るIDGのアナウンスによれば、出展者数は昨年比28%増の約400。会場はメインのMoscone Center Southに加えて、Moscone Center Northと基調講演が行われるMoscone Center Westが加わり、全体では数百の新製品群が披露されるだろうと期待されている。

Macworld Expoのメイン会場になるMoscone Center South(写真=左)と、Moscone Center North(写真=中央)、そしてジョブズ氏の基調講演が行われるMoscone Center West(写真=右)。MacworldでMoscone Center全館を使用するのは今回がはじめてだ

 今年は明らかに昨年とは規模が違う。そして“最初の30年ははじまりにすぎない”というメッセージ――ITmediaの現地取材班は、高まる期待にいてもたってもいられなくなり、開戦前夜のモスコーン会場へと向かった。

基調講演が行われるMoscone Center West。しずまりかえったホールをガラス越しに覗き込んでいると、警備員が目の前に来て頑丈そうな鍵をかけた

 ……って、すでに並んでる人がいる!

まだ深夜にもなっていなかったがすでに人が集まってきていた。寝袋を持参している人やテントまで設置されている。

 Moscone Center West会場の前にはまだ午後9時半(取材時)だというのにすでに15人ほどの熱心なMacファンが集まっていた。中にはテントを持参している人までいる(サンフランシスコの気候は1年を通して春のように過ごしやすいが、昼と夜の温度差が結構ある)。せっかくなので何人かの人に話を聞いてみた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月13日 更新
  1. ロジクールの“ちょい上”パンタグラフ式キーボード「Signature Slim K950」を試す (2024年04月11日)
  2. 8コア16スレッドのRyzen 9 7940HS×Radeon 780M搭載! 片手で握れるミニデスクトップPC「GEEKOM A7」の“強さ”をチェック! (2024年04月10日)
  3. 着脱式スタンドで縦置きや壁掛けも対応! 14型モバイルディスプレイ「GeChic On-Lap M141E」を試す (2024年04月12日)
  4. 自宅の「スマートロック」にありがちな誤解 家から締め出されないために心掛けている実践的な5つのこと (2024年04月12日)
  5. CopilotでTeams会議の生産性アップへ Jabra製品のMicrosoft認定デバイスで話者識別、文字起こし機能が強化 それがどう役立つのか (2024年04月11日)
  6. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  7. ASRock、グラフィックスカードも装着できるRyzen対応のベアボーンPCキット  (2024年04月12日)
  8. Keychron、メカニカルキーボード「Keychron Q1 Max」日本語配列モデルをMakuakeで提供開始 (2024年04月12日)
  9. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  10. Surfaceライクなビジネス向け12.3型2in1タブレット「VersaPro J タイプVS(VS-L)」を試す (2024年04月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー