ニュース
» 2007年01月31日 14時29分 公開

ヤマハ、USBバスパワーで出力20ワットを実現する高音質コンパクトスピーカー

ヤマハは、USBバスパワー動作に対応するコンパクトスピーカー「NX-U10」を発売する。独自のPowerStorage回路の搭載により、最大瞬間出力20ワットを実現した。

[ITmedia]
photo NX-U10

 ヤマハは1月31日、USBバスパワー動作に対応するコンパクトスピーカー「NX-U10」を発表、2月下旬より発売する。シルバーとブラックの2カラーバリエーションを用意、価格は2万5000円(税込み)。

 NX-U10は、USB接続対応のマルチメディアスピーカーで、USBバスパワーのみで最大瞬間出力20ワット(10ワット×2)を実現する独自回路「PowerStorage」を搭載。迫力のあるサウンドをノートPCなどでの手軽に楽しむことができる。

 PCを用いたUSB経由でのデジタル接続のほか、ステレオミニジャックによるアナログ接続にも対応。付属のACアダプタまたはバッテリーホルダー(単4乾電池×4)を用いることで、汎用タイプのマルチメディアスピーカーとしても利用可能となっている。

 本体サイズは248(幅)×33(奥行き)×100(高さ)ミリ、重量は500グラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう