ニュース
» 2007年04月02日 11時45分 公開

古田雄介のアキバPickUP!:「ちょい下は売れない」の法則――680i LTマザーが苦戦 (1/4)

nForce 680i LTマザーが複数のショップに入荷したものの、出足はイマイチ。原因はやはり価格? 一方、アキバに咲く高嶺の花「1TバイトHDD」も、いまだ摘む人は少ないようだ。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「良い製品だと思うけど……もうひと声」――nForce 680i LT SLIマザー

XFX「MB-N680-ILT9」

 先週から、XFXのATXマザーボード「MB-N680-ILT9」の販売が始まった。価格は2万6000から2万8000円。

 MB-N680-ILT9は、nNVIDIAの新チップセット「nForce 680i LT SLI」を搭載した初のマザーボード。上位チップセット「nForce 680i SLI」との違いは、3基のPCI-Express x16スロットからx8動作の1基を省き、対応メモリの上限がDDR2 1200からDDR2 800に下がっている点。32ラインでSLIが構築できるのは同じだ。ソケット形状はLGA 775。話題の製品ということもあり、流通量が少ないながらも、複数のショップが少数ずつ入荷しているが、出足はどこもイマイチという。

 高速電脳は「良い製品だとは思うけど、低価格帯のnForce 680i SLIマザーから2〜3000円程度しか安くならないのが残念。少し予算を上乗せすれば上のモデルを狙えるので、現状では手を出す人は少ないでしょ」と話す。“ちょい下は売れない”の法則だ。

 別のあるショップも「PCパーツは、低価格帯と高級志向の二極化が進んでいます。2万円を超える高価なマザーを求める人は最高峰を意識する。中間の製品は余程コストパフォーマンスが高くない限り、魅力を感じない」と語った。複数のショップに妥当な金額を聞いたところ、「高くても2万円弱。できれば1万9800円」との声が多かった。

MB-N680-ILT9の基板。NVIDIAのリファレンスデザインを採用している(写真=左)。nForce 680i SLIを搭載するASUSTeK「P5N32-E SLI」。2万9000円台で販売するショップが多い(写真=中央)。同じくnForce 680i SLI搭載のeVGA「122-CK-NF68-AR」。3万円強の価格で出回っている(写真=右)
製品名:XFX「MB-N680-ILT9
入荷ショップ
クレバリー1号店2万6223円
USER'S SIDE秋葉原本店2万7090円
ツートップ秋葉原本店2万7780円
BLESS秋葉原本店2万7800円
高速電脳2万7800円
パソコンショップ・アーク2万7800円
フェイス秋葉原本店2万7800円
TSUKUMO eX.2万7800円
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう