ニュース
» 2007年04月10日 16時33分 公開

Shuttle、水冷ユニット内蔵のゲーマー向けキューブPC「SDXi」

日本Shuttleは、水冷ユニットを本体内に内蔵したキューブ型デスクトップPC「SDXi」を発売する。グラフィックスカードとしてRadeon X1950 ProをCrossFire仕様で搭載するゲーマー向けモデルとなる。

[ITmedia]

 日本Shuttleは4月10日、水冷ユニットを本体内に内蔵したキューブ型デスクトップPC「SDXi」を発表、4月11日より発売する。価格は29万9800円から(税込み/OSなし)。

photophotophoto SDXi前面(左)、背面(中)、内蔵のGPU冷却用水冷ユニット(右)

 SDXiは、キューブ型筐体を採用するゲーミング向けデスクトップPCで、コンパクト筐体ながらグラフィックスカードとしてRadeon X1950 Pro×2をCrossFire仕様にて搭載するほか、GPU冷却用の水冷ユニットを内蔵した。

 搭載CPUはCore 2 Duo E6600(2.4GHz)、メモリはDDR2 2Gバイト、HDDはSerial ATA 150Gバイト、光学ドライブはDVD±RWドライブを装備。筐体外部はクリエイター集団“Smooth Creations”によるファイアーパターンが描かれている。本体サイズは220(幅)×325(奥行き)×210(高さ)ミリ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう