ニュース
» 2007年04月19日 10時00分 公開

マウスコンピューター、RAW画像処理向けのデスクトップPCを発表

マウスコンピューターとソフマップは、デジタル一眼レフユーザー向けデスクトップPC「LuvMachines Sofmap Edition スペシャルモデル」を発表した。

[ITmedia]
photo LuvMachines Sofmap Edition スペシャルモデル

 マウスコンピューターとソフマップは4月19日、デジタル一眼レフユーザー向けデスクトップPC「LuvMachines Sofmap Edition スペシャルモデル」を発表、本日より予約販売を開始する。価格は18万9800円(税込み)。

 LuvMachines Sofmap Edition スペシャルモデルは、RAWデータの現像/編集用途に向くデスクトップPCで、CPUとしてCore 2 Duo E6700を採用したほか、DDR2 2Gバイトメモリと、500GバイトHDDを搭載。グラフィックスカードとしてGeForce 7600 GS/256Mバイトを装備する。

 OSはWindows XP Home Editionをプリインストール。添付ソフトとして、画像編集ソフト「Nikon Capture NX」を同梱したほか、ガイドブック「ニコン Capture NX完全ガイド」「デジタル一眼レフ撮影ワザマスターガイド」もバンドルされている。本体サイズは180(幅)×430(奥行き×375(高さ)ミリ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう