ニュース
» 2007年04月23日 13時14分 公開

グリーンハウス、転送速度を約2倍に向上させたUSBメモリ「PicoBoost」

グリーンハウスは、高速チップの搭載により転送速度を向上させたUSBメモリ「PicoBoost」シリーズを発売する。

[ITmedia]
photo PicoBoost

 グリーンハウスは4月23日、高速チップの搭載により転送速度を向上させたUSBメモリ「PicoBoost」シリーズを発表、5月上旬より発売する。ラインアップは1Gバイト/2Gバイト/4Gバイトの3モデルを用意、価格はいずれもオープン。

 PicoBoostシリーズは、USB 2.0接続に対応するUSBメモリで、高速SLCフラッシュチップの採用と2チップ同時アクセスによる高速化により、読み込み時で30Mバイト/秒、書き込み時で20Mバイト/秒の高速転送を実現した。また、Windows VistaのReadyBoost機能に対応、ハイパフォーマンス基準を満たした「Enhanced for ReadyBoost」適合モデルとなっている。

 本体サイズは17.5(幅)×73(奥行き)×5.6(高さ)ミリ、重量は約11グラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう