ニュース
» 2007年05月02日 12時24分 公開

アップル、MacBook/Pro向けのバッテリアップデートを公開――適用後の不具合製品は交換にも対応

アップルは、MacBook/Pro用のバッテリの一部に性能上の問題があると発表、対策用アップデートの公開を開始した。

[ITmedia]

 アップルはこのほど、MacBook/Pro用のバッテリの一部に性能上の問題があると発表、対策用アップデートの公開を開始した。

 対象となるのは、2006年2月から 2007年4月までに販売されたMacBookとMacBook Proのバッテリと予備バッテリで、これらの製品について以下の不具合が発生する可能性があるとしている。なお、いずれも使用上の安全に影響を及ぼすものではないとしており、そのまま使用しても問題ないと発表されている。

  • バッテリーが認識されず、Finderのメニューバーのバッテリアイコンに「X」マークが表示される。
  • コンピュータを AC電源に接続してもバッテリが充電されない。
  • 充放電回数が 300未満(「システムプロファイラ」上に表示)のバッテリを完全に充電しても表示される容量/残り時間が少ない。
  • バッテリパックが変形している。

 上記の現象が見られる製品の対策用として、最新のBattery Update 1.2を公開した。また、アップデート適用後にもさらに同様の症状があらわれる場合については、保障期間終了後についても無料で新しいバッテリとの交換が行われる。

 詳細についてはこちらを参照のこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう