ニュース
» 2007年05月17日 07時58分 公開

HP、ノートPC販売が好調で13%増収

HPの2〜4月期決算は、売上高は255億3000万ドルで前年同期比13%増。その他の部門も堅調な伸びとなった。

[ITmedia]

 米HPが5月16日発表した同社第2四半期(2〜4月期)決算は、ノートPCの好調な販売を反映し、売上高は前年同期比13%増の255億3000万ドルとなった。純利益は7%減の17億8000万ドル(1株当たり65セント)。前年同期の純利益は19億ドル(1株当たり66セント)で、税金関連の利益(1株当たり15セント)を計上していた。

 HPは9日に、同四半期の売上高は255億〜255億5000万ドル、1株当たり純利益は64〜65セントとの見通しを発表していた。

 部門別では、パーソナル・システムズ部門が好調で、売上高は前年同期を24%上回る87億ドル。デスクトップの売上高の伸びが9%だったのに対し、ノートPCは45%の伸びとなった。顧客別では、法人向けよりコンシューマー向けの売り上げが伸びている(41%増)。

 その他の部門も堅調で、イメージング・プリンティング部門の売り上げは前年同期比6%増、エンタープライズストレージ・サーバ部門は8%増、サービス部門は7%増、金融サービス部門も6%増。ソフトウェア部門は2006年11月のMercury買収の影響で、同58%増となった。

 第3四半期の見通しとしてHPでは、売上高を237億〜239億ドル、1株当たり純利益を60〜61セント程度とみている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう