ニュース
» 2007年05月25日 17時12分 公開

パイオニア、Serial ATA接続対応のDVDスーパーマルチ「DVR-S12J」

パイオニアは、DVDスーパーマルチドライブ「DVR-A12J」をベースにSerial ATA接続対応としたモデル「DVR-S12J」を発売する。

[ITmedia]
photo DVR-S12J-BK ピアノブラック(上)、DVR-S12J-W クリアホワイト(下)

 パイオニアは5月25日、Serial ATA接続対応のDVDスーパーマルチドライブ「DVR-S12J」を発表、6月上旬より発売する。ブラックとホワイトの2カラーバリエーションを用意、価格はオープン。

 DVR-S12Jは、2006年12月に発表された18倍速記録対応DVDスーパーマルチドライブ「DVR-A12J」の機能を踏襲しつつ、接続インタフェースをSerial ATAに変更したモデルだ。

 基本性能は同等で、レーベル面へのレーザー描画を行えるLabelflash機能に対応。対応メディアと記録速度は、2層DVD±R 10倍速書き込み、1層DVD±R 18倍速書き込み、DVD+RW 8倍速書き換え、DVD-RW 6倍速書き換え、DVD-RAM 12倍速書き換えをサポートする。対応OSはWindows 2000 Professional(SP3以降)/XP(SP1以降)。なおWindows Vistaでの動作はドライブ本体が対応しており、バンドルソフトについては各ソフトウェアのアップデート状況に依存している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう