ニュース
» 2007年06月14日 18時01分 公開

シャープ、14.1インチワイド液晶搭載のスタンダードノート「Mebius CW」

シャープは、CPUとしてSempron 3400+を採用する14.1インチワイド液晶搭載ノートPC「Mebius CW」シリーズを発表した。OSはVista Home Basic。

[ITmedia]
photo Mebius CWシリーズ

 シャープは6月14日、14.1インチワイド液晶搭載ノートPC「Mebius CW」シリーズを発表、6月下旬より発売する。ラインアップは、1Gバイトメモリ/Office Personal 2007付属モデルの「PC-CW50T」、512Mバイトメモリモデルの「PC-CW40T」の2モデルを用意、価格は双方オープン。

 Mebius CWシリーズは、液晶ディスプレイとして1280×800ドット表示対応の14.1インチワイド液晶ディスプレイを搭載したエントリークラスのノートPCで、CPUとしてSempron 3400+を採用。OSはWindows Vista Home Basicをプリインストールする。

 HDDは80Gバイト、光学ドライブは2層対応DVDスーパーマルチドライブを内蔵、無線LAN機能はIEEE802.11b/gをサポートする。筐体はUVコーティングを施したホワイト筐体を採用した。

 バッテリー駆動時間はPC-CW50Tが約1.3時間、PC-CW40Tが約1.4時間。本体サイズは330(幅)×252(奥行き)×37(高さ)ミリ、重量は約2.3キロ。

「PC-CW50T」
「PC-CW40T」

関連キーワード

ノートPC | シャープ | Windows Vista


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう