ニュース
» 2007年06月22日 17時08分 公開

パソコン工房、デスクトップPC「Amphis」シリーズにVideoStudio 11動作推奨モデルを追加

アロシステムは、ビデオ編集ソフト「Ulead VideoStudio 11」動作推奨モデルとなるデスクトップPC「Amphis MT730C2D-VS」を発売する。

[ITmedia]
photo Amphis MT730C2D-VS

 PCショップ「パソコン工房」を経営するアロシステムは6月22日、ビデオ編集ソフト「Ulead VideoStudio 11」動作推奨モデルとなるデスクトップPC「Amphis MT730C2D-VS」を発表、受注を開始した。BTOカスタマイズに対応、価格は13万6980円から(税込み)。

 Amphis MT730C2D-VSは、CPUとしてCore 2 Duo E6600(2.4GHz)を標準搭載するミドルタワーデスクトップPC。ユーリードシステムズ製のビデオ編集ソフト「Ulead VideoStudio 11」動作検証済みとなるモデルで、Ulead VideoStudio 11(15日間体験版)がプリインストールされている。OSはWindows Vista Home Premium。

 標準構成は、メモリがDDR2 2Gバイト、HDDが320Gバイト、光学ドライブが2層DVDスーパーマルチドライブを搭載。グラフィックスカードは標準でGeForce 8600 GT/256Mバイトを装備するほか、6月30日まで実施される限定キャンペーンの適用によりGeForce 8600 GTS/256Mバイトへの無償アップグレードが可能となっている。

関連キーワード

Core 2 Duo | CPU | GeForce | Windows Vista


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう