ニュース
» 2007年06月26日 13時13分 公開

サーマルティク、VFDパネル内蔵のキューブケース「LANBOX HT」

日本サーマルティクは、キューブ型PCケース計2モデル「LANBOX HT」「LANBOX Lite」を発表した。

[ITmedia]

 日本サーマルティクはこのほど、キューブ型PCケース計2モデル「LANBOX HT(VF50001BNS)」「LANBOX Lite(VF6000BWS)」を発表、6月29日より発売を開始する。価格は双方オープン、予想実売価格はLANBOX HTが2万9800円、LANBOX Liteが1万1980円(双方税込み)。

photophotophoto VF50001BNS(左)(中)、VF6000BWS(右)

 LANBOX HTおよびLANBOX Liteは、microATXおよびmini ITXフォームファクタに対応するキューブ型PCケース。電源ユニットは未搭載で、PS/2電源を装備できる。また両モデルともに、ドライブケージやマザーボードトレイなどを分離して組み立て可能なモジュラー式ケースを採用している。

 上位モデルのLANBOX HTは、同社製のVFDパネルユニット「Media LAB」を標準搭載。利用可能ドライブベイは7インチ×1(5インチベイに変更可能)、5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドー×2で、うち7インチベイにはオプションの7インチ液晶ディスプレイを内蔵できる。

 LANBOX Liteは、Media LABを非搭載としたキューブケースで、ドライブベイ数は5インチ×2、3.5インチ×1、3.5インチシャドー×2を装備。筐体外面をピアノブラック塗装としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう