ニュース
» 2007年09月07日 02時00分 公開

ロジクール、高精度ガラスレンズ採用の130万画素Webカメラ「Qcam Communicate Deluxe」

ロジクールが、130万画素センサーを搭載するWebカメラ「Qcam Communicate Deluxe」を発表した。

[ITmedia]

ヘッドセットの有無で2モデルをラインアップ

photo Qcam Communicate Deluxe

 ロジクールは9月7日、130万画素センサーを搭載するWebカメラ「Qcam Communicate Deluxe(QCAM-130X)」を発表、9月14日より発売する。Webカメラ単体のほか、ヘッドセット同梱モデルの「Qcam Communicate Deluxe with Headset(QCAM-130X-HS)」も用意。価格はともにオープンで、同社直販「ロジクール ストア」販売価格はQCAM-130Xが5980円、QCAM-130X-HSが6980円(税込み)。

 QCAM-130Xは、高精度ガラスレンズを装備した130万画素センサー搭載のWebカメラで、動画は最大960×720ドット(70万画素)、静止画はソフトウェア処理により最大500万画素でのキャプチャーに対応。動画のフレームレートは最大30フレーム/秒となっている。

 同社独自の映像最適化技術「RightLight2」を搭載しており、高品質のライブ動画を得ることが可能だ。本体内にマイクを内蔵しており、ヘッドセットなしでの会話にも対応する。不要なエコーはバックグラウンドノイズを除去できる「RightSound」機能も利用可能となっている。

 接続インタフェースはUSB 1.1/2.0(メガピクセルイメージの取り込みにはUSB 2.0接続が必要)。本体サイズは69.1(幅)×152.5(奥行き)×53.7(高さ)ミリ(カメラ本体)、重量は約139グラム。対応OSはWindows XP/Vistaで、保証期間は2年間だ。

レンズ部分をカバーすることも可能だ(写真=左と中央)。QCAM-130X-HSに付属するヘッドセット(写真=右)

関連キーワード

Windows Vista | Windows XP


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう