ニュース
» 2007年09月12日 14時08分 公開

ロジクール、カールツァイスレンズ搭載の200万画素ハイエンドWebカメラ「Qcam Orbit AF」

ロジクールは、オートフォーカス機能やフェイストラッキング機能などを装備する200万画素ハイエンドWebカメラ「Qcam Orbit AF」を発表した。

[ITmedia]
photo Qcam Orbit AF

 ロジクールは9月12日、200万画素センサー内蔵のハイエンドWebカメラ「Qcam Orbit AF」を発表、9月28日より発売する。価格はオープン、同社直販「ロジクール ストア」価格は1万1800円(税込み)。

 Qcam Orbit AFは、光学レンズとしてカール ツァイス製レンズを搭載するUSB接続のWebカメラ。オートフォーカス機能を標準装備しており、3秒以内に画像の再フォーカスを行えるほか、最短10センチまでのクローズアップを行うことができる。また視野角の広さも特徴で、水平方向約189度/垂直方向約102度の超広視野キャプチャーが可能だ。動画解像度は最大1600×1200ドット、静止画キャプチャーはソフトウェア処理により最大800万画素までサポートする。

 同社独自の画像補正機能「RightLight 2テクノロジー」、および音声ノイズ抑制機能「RightSoundテクノロジー」も利用可能。本体サイズは84(幅)×84(奥行き)×110(高さ)ミリ、重量は332グラム(カメラ本体)で、付属品としてデスクトップ設置用のクレードルと高さ22センチのスタンドが同梱されている。対応OSはWindows XP/Vista。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう