PC USER Pro
ニュース
» 2007年09月26日 11時54分 公開

アクト・ツー、Mac OS X Sever用ウイルス対策ソフト「ウイルスバリア」シリーズを発表

アクト・ツーは、仏Intego製のMac OS X Sever用ウイルス対策ソフト「ウイルスバリア サーバ」「ウイルスバリア メールゲートウェイ」計2製品の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo

 アクト・ツーはこのほど、仏Intego製のMac OS X Sever用ウイルス対策ソフト「ウイルスバリア サーバ」「ウイルスバリア メールゲートウェイ」の2パッケージ製品を発表、10月25日より発売する。価格はウイルスバリア サーバが6万3000円、ウイルスバリア メールゲートウェイが10万5000円(双方税込み/ライセンス数により価格は変動)。

 ウイルスバリア サーバは、Mac OS X Serverを起動中のMacintosh、およびXserver上のファイルを自動スキャン可能なウイルス対策ソフト。スケジュールスキャン機能も実装しており、ローカル/ネットワークボリュームのいずれに対しても定期的なスキャンを行うことが可能だ。

 ウイルスバリア メールゲートウェイは、ウイルスバリア サーバの機能を内包する上位版ソフトで、Mac OS X Severのメールサーバ保護機能も装備。通過するメールのメッセージを自動スキャンしてウイルスの感染チェックと隔離を実行する。

 対応OSは、ウイルスバリア メールゲートウェイがMac OS X 10.2.8以降、ウイルスバリア メールゲートウェイがMac OS X 10.4以降。

関連キーワード

Mac OS X | サーバ | ウイルス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう